マッチプレビュー

チェルシー VS ワトフォード スタッツ

リスタート後のホームゲーム第2戦は今週末に行われる。試合に向けて過去のデータで予習しておこう。


チェルシー  対 ワトフォード 

リーグ戦での対戦成績

チェルシーはホーネッツ相手に4連勝を目指している。ワトフォードとのプレミアリーグ過去7試合のうち6勝1敗で、この7試合では合計30ゴール(1試合あたり4.28得点)を記録しており、ワトフォードの12ゴールに対してブルーズは18ゴールをネットに流し込んでいる。ワトフォードは2018年2月にヴィカレージロードで4-1で勝利しており、チェルシーとのプレミアリーグ過去12試合のうち1試合に勝利している(2引き分け、9敗)。

 

 

ワトフォードがブリッジで最後に勝利したのは1986年5月、5-1であった。18歳のユースチームのキーパー、レス・フリッジは、このクラブでの唯一の試合に出場した。ホーネッツは1986年11月以来、スタンフォードブリッジで完封をしていない。それ以来、11回の試合で34ゴールを許している。

 

最多得点差勝利

チェルシー1-5ワトフォード - 1985/86

チェルシー4-0ワトフォード - 2006/07

 

昨シーズンの対戦試合

チェルシー3 ワトフォード0
プレミアリーグ、スタンフォードブリッジ

19年05月05日午後2時キックオフ

チェルシー  (4-3-3) アリサバラガ;アスピリクエタ(c)、クリステンセン、ダヴィド・ルイス(ケイヒル88)、アロンソ;カンテ(ロフタス=チーク9)、ジョルジーニョ、コバチッチ;ペドロ、イグアイン(ジルー78)、アザール
サブ  カバジェロ、ザッパコスタ、バークリー、ウィリアン。
負傷者 リュディガー、ハドソン・オドイ、アンパドゥ、ドリンクウォーター
監督 マウリツィオ・サッリ
得点者 ロフタス=チーク 48、ダヴィド・ルイス 51、イグアイン 75

ワトフォード (4-4-2)  フォスター;フェメニア、マリアッパ、キャスカート、ホールバス;ヒューズ、N・チャロバ(クレバリー66)、ドゥクレ、ペレイラ;デウロフェウ(サクセス82)、ディーニー(C) (グレイ82)
サブ ゴメス、ヤンマアト、マシーナ、カバセレ
監督 ハビ・グラシア
警告 ドゥクレ90

審判 ポール・ティアニー
観客数 40,560
 

チェルシーのスタッツ

ブルーズが水曜日に行われたレスター戦で躍進に失敗したことで、3位のフォックス、4位のチェルシー、5位のマンUTD、6位のウルブズが勝ち点4点以内にいる。

チェルシーは、アントニオ・コンテ監督時代に7連勝を達成した2017年10-12月以来となるプレミアリーグでのホーム戦4連勝を目指している。

チェルシーは17位以下のチームとの対戦で5戦4敗している。

水曜日のペナルティで、ウィリアンは今季のプレミアリーグ通算8ゴールを達成し、前回のベストシーズンである2016/17と同点となった。


ウィリアンは、1年間の全月でプレミアリーグのゴールを決めた初の選手 となる。

ウィリアンは自身が獲得した6つのPK全てで得点して、PK戦でも3本中3本成功している。


プレミアリーグ得点者

アブラハム13、ウィリアン8(3ペンス)、ピュリシッチ7、マウント6、アロンソ4、ジョルジーニョ4(3ペンス)、ジルー3、カンテ3、アスピリクエタ2、ルディガー2、バツアウェイ1、ハドソン・オドイ1、コバチッチ1、ペドロ1、トモリ1
 


ワトフォードのスタッツ


今シーズンのプレミアリーグのデータ

最も多い出場数:フォスター 32, ドゥクレ 31, キャスカート 29

最多得点:ディーニー6、サール5、デウロフェウ4、ドゥクレ4

最多アシスト:デウロフェウ 5、サール 3

最多完封:フォスター 9


ワトフォードは6試合を残して降格圏より勝ち点差1つ上に位置している。

ナイジェル・ピアソン監督のワトフォードは、過去10試合のプレミアリーグのうち1試合、2月にチャンピオンズリーグのリバプールに3-0で勝利している。

彼らは1月のボーンマス戦で3-0で勝利して以来、過去5戦アウェイでのプレミアリーグ戦で勝利がない。 ワトフォードは、2007年1月にアーセナルに勝利して以来、リーグ順位4位以上のチームに対して、27戦中26敗している。

 ベン・フォスターは先週のサウサンプトン戦でワトフォードでのプレミアリーグ100試合連続の先発出場を果たし、リーグで100試合連続の先発出場を果たした最年長選手(37歳86日)となった。

 サウサンプトン戦で、ワトフォードは今季のプレミアリーグで唯一であり、2017年11月以来、初の枠内シュート0本でのオウンゴールによる得点を記録した。

ホーネッツは今季、アウェイでの16試合中10試合に敗れており、最大で48点期待できた勝ち点のうち、10点のみを得ている。

プレミアリーグ得点者

ディーニー6(2ペンス)、サール5、デウロフェウ4(1ペンス)、ドゥクレ4、ペレイラ3(1ペンス)、グレイ2、クレバリー1、ドーソン1、ヒューズ1、マシーナ1、オウンゴール1
 

ナイジェル・ピアソン監督 対チェルシー戦の結果

勝ち: 0
引き分け: 0
負け: 3
 

ワトフォード 直近リーグ戦の結果

6月28日(日)

ワトフォード  1  サウサンプトン  3
チーム 4-2-3-1:フォスター;フェメニア(プッセート79)、キャスカート、ドーソン、マシーナ(ホールバス74);ヒューズ(ウェルベック73)、カプー;サール、ドゥクレ、ペレイラ(ジョアオ・ペドロ74);ディーニー(C)

警告 :ドーソン, ドゥクレ, キャスカート

得点者  : ベドナレク オウンゴール79
 

処分

ワトフォードは今季プレミアリーグで最も多くのファウルを犯した(398)。

出場停止処分はいない。

プレミアリーグでは、5本と10本の警告を累積した場合の出場停止処分の期限が過ぎた。これで選手は3試合の出場禁止処分を逃れるために、シーズン終了までに15回の警告を累積しないようにする必要がある。


警告数

チェルシー
ジョルジーニョ10、コバチッチ7、クリステンセン5、ズーマ5、アロンソ4、カンテ4、ウィリアン4、エメルソン3、マウント3、ルディガー3、トモリ3、アブラハム2、ハドソン・オドイ1、ジェームズ1、ペドロ1

ワトフォード
ドゥクレ9、カプエ7、キャスカート7、ドーソン5、フェメニア5、ホールバス5、ヒューズ4、ディーニー3、デウロフェウ3、マシーナ3、ペレイラ3、マリアッパ2、チャロバ1、フォスター1、グレイ1、ヤンマート1、カバセレ1、プッセート1、サール1、サクセス1

 

レフェリーとVAR

レフェリー: ケビン・フレンド
VAR: グラハム・スコット

ケビン・フレンドはエバートン戦のロックダウン前の最後の試合の審判を務めた。彼が笛を吹いた今シーズンの唯一のチェルシーの試合は1月のバーンリー戦であり、これもブリッジでの試合だった。
 

チェルシーからその他