分析

マウントとプリシッチが勝ち点に貢献 得点に絡んだワトフォード戦の勝利と上位4チームの熾烈な争いについて

メイソン・マウントとクリスティアン・プリシッチは、昨夜の良い場面に多く絡んでいた。若い二人はワトフォード戦でのパフォーマンスに満足しており、チームの結果にも満足していた。

マンチェスター・ユナイテッドが,土曜日にボーンマスに勝利したことで、キックオフ時の順位は5位となった。10月以来、チャンピオンズリーグの出場権獲得圏外になるのは初めてのことだったが、苦戦するホーネッツを3-0で快勝したことで、ブルーズは少しの不安すら覗かせなかった。

マウントは先制点に大きく貢献した。先制点、オリヴィエ・ジルーへアシストをしたロス・バークリーに相手選手の間を通す鋭い縦パスを送った。プリシッチはハーフタイム前にウィリアンが決めたペナルティキックを獲得した。スタンフォードブリッジでのこの素晴らしい試合では、際立った活躍を見せた選手が多くいたが、その中心で献身的なプレーを見せたマウントが、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのだった。

「自分がマン・オブ・ザ・マッチだなんて驚いているよ」と試合後マウントは話した。

「僕はただ、ボールをキープして、ボールを動かし続けようとしていただけだ。ロスがゴールとアシストを記録したが、全体的に素晴らしいパフォーマンスだった。試合前に話していたのは、修正が必要だということ、自分たちができることを見せようということだった。絶対に勝たなければならないと思っていたし、それができた」

「最後の方の時間帯は、我々は少し引いていたし、もう2、3得点できたかもしれない。これまでポゼッションを保っていた試合では、何度かスイッチが切れてしまっていたし、このレベルの戦いではそんなことあってはならない。課題はあるが、それ以外は素晴らしいパフォーマンスだった」

プリシッチは、スピードと技術のコンビネーションでワトフォードのディフェンスラインを苦しめ、またもや高いレベルのパフォーマンスを披露した。再開後の彼の活躍は驚くべきものでエデン・アザールとの比較が続いても不思議ではない。

「彼はチェルシー時代、信じられないような選手だった」とプリシッチは認めた。

「彼はワールドクラスの選手だ。僕はまだ彼と自分を比較しているわけではなく、自分自身になろうとしているだけだ。サポーターが僕を気に入ってくれると嬉しいね」

「今は試合中の自分に自信を持っている。フィールドに出てチームを助けることができて幸せだ。これからも自信を持って進んでいく」

マウントの視野と技術的なクオリティーはセスク・ファブレガスも称賛している。マウントは、中盤のダイナミックな動きがよく機能した理由、特に先制点のマウントとバークリーのコンビネーションについて説明した。

「堅実で、あらゆるところをカバーしているエンゴロが後ろにいると、後ろに下がってのディフェンスをあまり心配する必要がない。彼はいつもそこにいるからね。それが大きな助けになっているよ」

「僕とロスはプレーをつなぎ、ボックス内に入ってチャンスを作り、ゴールを狙うことだけをやっている。それがチームにいるときの僕らの仕事であり、それがうまくいった」

「相手を崩しチャンスを作ることが難しかった。あのようなスルーパスを通さないとインターセプトされてしまうので」とマウントはバークレーへのパスについて付け加えた。

「彼がディフェンスの間に入っているのが見えたので、素早く処理しようとした。(バークリーの)トラップも良かった。良いスルーパスだったし、オリのタイミングも良かったし、フィニッシュも良かった」

「パフォーマンスを発揮できるかどうかは我々次第だ。ウェストハム戦の前には良い位置にいたが、負けてしまったし、それが僕らのシーズンを表しているようなものだ。我々は敗戦から立ち直ってきた。プレッシャーがかかっている時でも勝利を手にすることができたし、できるだけ多くの勝ち点3を手に入れる必要がある」

マウントのこの発言は、後半に2つ目のペナルティを主張したプリシッチの感情も反映している。いずれにしても、我々のアメリカ人スターにとって、これ以上ない独立記念日だった。

「ウェストハム戦での敗戦のおかげで、普段よりも勝利にこだわるエネルギーが生まれた。それをしっかりパフォーマンスに変えることができた」

「最後までタイトな争いになりそうだが、チャレンジしていきたいと思っている。次々と結果を出し続けなければならないし、できると確信しています」

チェルシーからその他