ニュース

チェルシーの若き獅子たちの新たな装い

新たなアウェイキットは、モダンな色合いをロンドンファッション界の伝統と組み合わせたものとなる。


2020-21シーズンのチェルシーのアウェイユニフォームでは、ロンドンの伝統的仕立ての持つオーラが、現代の「SW6」のエネルギーやカラーと自然に調和している。

新たなホームユニフォームと同じテーマを踏襲しつつカラーを変更したデザインは、手作りや仕立ての熟練した技術を愛するロンドンの思いを称えるものだ。

アウェイキットではそこに、新世紀らしい小粋さも加えられている。フランク・ランパード監督に率いられスタンフォードブリッジで光を放つ、自信に溢れた若きタレントたちにとって完璧なデザインだ。

「アウェイのカラーとパターンはすごくいいね」と生え抜きのMFメイソン・マウントも語る。「素晴らしいデザインだし、ホームキットとの対照も鮮やかだ。ファンにも気に入ってもらいたいし、これを来てみんなに誇らしさを感じてもらえるようなプレーをしたい」

アークティックブルーが味わい深いベースカラーとなり、より深い影で描かれる不規則なヘリンボーンニットがシャツの前面・背面を覆うことで、強く目を引く美しさが実現される。

「ラインナップにまた素晴らしいユニフォームが加わったわ」とFWサム・カー。「ホームキットと本当に完璧に補完し合うみたい。ピッチ上でまたこれを着るのが楽しみね」


極小のヘリンボーンパターンで埋められたモノクロームのクラブエンブレムが、Nikeのダークブルーのスウーシュと並んで胸に鎮座する。同じくダークブルーのVネックと袖口がデザインを縁取りし、さらに胴体側部にはダークブルーのラインの中に「The Pride of London」のフレーズが刻み込まれる。アークティックブルーのパンツとダークブルーのソックスで頭から爪先までの装いが完成され、ソックスもスウーシュとチェルシーのライオンで飾られている。

「チェルシーのアウェイユニフォームは、伝統的な仕立ての持つ美観にインスパイアされつつ、モダンなストリート風のフィルターとカラーパレットを採用している。SW6の活発な若い世代のスタイルと創造性を称えるユニフォームだ」とNIKEフットボールアパレル部門副社長のスコット・マンソンは語る。


チェルシーの2020-21シーズンアウェイユニフォームは、本日(7月7日)行われるプレミアリーグのクリスタルパレス戦で初めて着用される。公式オンラインストアおよびスタンフォードブリッジのメガストアでは7月30日より販売が開始される。

チェルシーからその他