ニュース

ランパード:中盤のプレーをもっとスムーズに

マテオ・コヴァチッチが再び欠場し、エンゴロ・カンテが負傷者リストに加わったことで、今夜のクリスタル・パレス戦ではチェルシーの中盤が入れ替わることになるだろう。しかし、フランク・ランパードは今シーズン、その点では柔軟に対応できるように準備してきた。

コバチッチはアキレス腱の怪我で週末のワトフォード戦を欠場したが、カンテはこの試合に先発出場しハムストリングを痛めて途中交代となった。

幸いにも、中盤には複数の役割を果たすことができる選手がいる。

「私は一試合一試合しっかりと取り組んでいく」と彼は語る。

「守備を固めるチームとの対戦では、技術的な能力を持った選手をピッチの高い位置やボックスの周りに集めて、パスを回したり、個人技によって均衡を破るのことが大きな意味を持つ」

「試合を試合するためには、高い位置やサイドでプレーができ、守備的な役割もこなせる中盤の選手を起用する。メイソン・マウントには本当にその能力があり、彼のオフザボールの仕事ぶりは素晴らしいものだ。彼をピッチの高い位置でプレーさせて、相手チームのビルドアップに対してプレッシャーをかけることができれば、ボールを奪いやすくなるだろう」

「時々、彼がボールを持っているときは、ポゼッションを失わないようにプレーする位置を下げるように言っている。彼は低い位置でボールをコントロールできる良い選手だからだ。彼とロスはそのような役割をこなすことができる」
 

ランパードはまた、コヴァチッチ、カンテ、ルーベン・ロフタス=チーク、ビリー・ギルモアもそのような役割を果たすことができる選手として挙げている。

「ジョルジーニョに関しては、能力的にはできないことはないが、彼はキャリアの中で主に低い位置でプレーしてきた」と付け加えた。

「ジョルジーニョは、スタメンになるために何かを変える必要はない。彼はよくトレーニングしているし、ピッチ上でもピッチ外でもグループに貢献しているし、クラブの副キャプテンでもある」

「目の前にある試合に関して中盤の構成をどうするかは、純粋に私の選択だ。中盤に誰を起用するかによることもあるし、より守備的な選手が必要な場合がある。起用は自分の判断によるものだから、彼が何かをする必要はない」
 

「だから、誰をスターティングメンバーとして起用するかは嬉しい悩みなんだ。中盤を流動的にすることで、相手チームをより苦しませることができる。最近のパフォーマンスでは、ワトフォードもそうだし、ロックダウン前のエヴァートンもそうだったが、中盤の流動的な動きがとても良かったから、それを続けていこうと考えている」

 

チェルシーからその他