分析

ジョルジーニョは全体的に良いパフォーマンスをしていて、出場機会があれば、チームを救う準備ができている

ジョルジーニョのリーグ再開後初出場、セルハーストパークで試合終盤に中盤で安定したパフォーマンスを発揮し、彼の価値を確実に示した。

3-2でリードを保っていた80分にビリー・ギルモアに代わって投入された。その瞬間から最後のホイッスルが鳴るまで、チェルシーは66%のボールポゼッションを保ったが、それ以前の55%から上昇している。熱くなりがちな試合の中で、ジョルジーニョがピッチの中央で落ち着いていたことに助けられた。また、彼はピッチにいる間に行ったタックルの両方を成功させた。

28歳になる彼にとって、3月以来の出場でしっかりとした働きを見せ、勝ち点3とともに南ロンドンを後にした。

「全体的には良いパフォーマンスだった」とジョルジーニョは試合を評価した。

「チャンスを作ったし、チャンスがあった時にはもっと効果的にやらないといけない。我々は苦しむのが好きなんだ」

「最後の最後に緊張感を与えないように、もっと早い段階で試合を決定づけることを学ばなければならないが、チャンスを作っているのはポジティブなことだ」

フランク・ランパードは昨日のキックオフ前に、ジョルジーニョではなくギルモアを先発させたのは、トレーニングやこれまでの試合に基づいて、チームに最も適していると思われるものを選んだに過ぎないと説明した

「私はチームが私を必要としている時に集中していなければならないんだ」とジョルジーニョは強調した。「(移籍に関する)様々な噂があるが、まだ自分は何も聞いていない。チェルシーとのシーズンを良い形で終え、チャンピオンズリーグへの出場権を得ることに集中しているだけだ」

チェルシーからその他