ニュース

メディア・ウォッチ : ギルモアが解説者を感心させる、ホジソンがパレスの不運を嘆く、ジョン・テリーがブリストルの監督候補に

メディアが報じたチェルシー関連の最新ニュースを見てみると、カイ・ハフェルツがこの夏、プレミアリーグへの移籍を選択する可能性があると示唆されている。またクリスタルパレスのロイ・ホジソン監督は、火曜日のチェルシーの先制ゴールに問題はないと語っている。

これらの記事は、外部メディアの情報源から抜粋したものです。これらはチェルシーFCの見解や立場を表すものではありません。

ギルモアの『信じられないほど』のインパクト

昨晩、パレスとの試合前にスカイスポーツの番組に出演したジェイミー・レドナップとアシュリー・コールは、ビリー・ギルモアがチェルシーのトップチームにステップアップしてプレミアリーグに与えた影響を絶賛していた。

8月のシェフィールド・ユナイテッド戦でベンチデビューを果たした若きスコット、ギルモアは、フランク・ランパード監督によってトップチームの常連となり、昨夜のクリスタルパレス戦では、負傷したエンゴロ・カンテの代わりに先発出場を果たした。

昨晩、スカイスポーツでキックオフに先立ち、レドナップは若きミッドフィルダーを称賛する一方で、ギルモアにはさらなる改善の余地があることを示唆していた。

「FAカップのリバプール戦で、彼は信じられないほどの影響力を持っていたし、特別だった」とレドナップはフットボール・ロンドンのレポートで述べている。

「彼の様にシーンに飛び込んできた選手はあまり見たことがない。彼は、自信を持っているように見えるし、自分がどこに行きたいのか、常にイメージを持っている。常に前にパスを出すことも意識している」

「でも、気づいたことがあって、彼のように素晴らしいスタートを切ると、相手チームに目をつけられてしまうし、警戒されるようになる」

「彼はチェルシーいい場面の中で非常に重要な存在だった。レスターの試合では、中盤の選手たちが彼を囲い込み始めたのが分かった」

「相手チームは彼がボールを持った時に、時間を与えないようにするためにしてくるだろう。なぜなら、彼がチェルシーをチームとして機能させるのに、どれだけ重要な存在であるかを知っている」

元チェルシーのレフトバック、アシュリー・コールはスカイスポーツのソファでレドナップと並んでいたが、彼も同じように若きビリーを称賛していた。

「彼は経験が浅いが、彼はゲームにいくらかの成熟度をもたらした」とコールは付け加えた。

「ジェイミーが言ったように、彼はフォワードでプレーするのに十分な勇敢さがある。彼は、スペースを作るために後ろでプレーするタイミングを知っているし、ボールを通すためのスペースを作るタイミングも知っている」

「チェルシーはベスト4を目指して戦っていて、フランクは勇敢にも、若い彼をプレーさせている。これは彼の成熟度と、彼が持っている質の高さを示していると思う」

ホジソン、ケイヒル負傷のタイミングを嘆く

Speaking tクリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督は、ブルーズの先制点につながった状況については何の不満もないが、チェルシーに3-2で敗れた彼のチームについて、悪くなかった、とトークスポーツに語った。

パレスのディフェンダー、ゲイリー・ケイヒルがウィリアンのボールを追っていた間にハムストリングを負傷し、その間にオリヴィエ・ジルーが得点したことによって、元イングランド代表監督は、パレスが出遅れるのを見届けることになった。

しかし、ホジソン監督は、ウィリアンがプレーを続けたことは正しいと述べている。

「頭部の負傷ではないので、ルールではノーと言われるだろう」とパレスの指揮官は語った。

「突然プレーをやめて振り返る選手がいると思うかい?私はそうとは思えない」

パレスは4連敗を喫したが、ホジソン監督は「最後に何かを救うことができなかったのは不運だった」と感じているという。

「最初のゴールは不運な状況だった。立ち上がり5分、あれほど良いスタートを切ったのに、センターバックの足が動かなくなり、相手にゴールへの独走を許してしまうなんて、誰も想像できないだろう」と彼は付け加えた。

「しかし、私たちはそこから非常によく立て直したと思いますし、90分間を通して、私たちのプレーは2つのゴールを決めたこと以上の価値があったと思います」

序盤のゴールがあり、結果的には3-2になった、その後、シュートはポストに当たってしまい、[クリスティアン]ベンテケは1対1の場面で決めきれなかった。

ジョン・テリー、ブリストル・シティの監督候補に

ブリストル・シティの監督が不在なった後、元チェルシーのキャプテンであるジョン・テリーが初の監督の席に就く可能性があると 『ザ・サン』 が報じている。

ロビンズは先週末にリー・ジョンソン監督を解任し、後任としてアストンヴィラのアシスタントコーチに目をつけていると報じられている。

「テリーは、彼がスパイクを脱いで以来、彼の目は、初めての監督として空席となったポジションを見つめている』と関係者は述べた。と報道されている。

「チェルシーのレジェンドは2018年10月からアストンヴィラでディーン・スミスのナンバー2を務めている。しかし、元イングランド代表キャプテンは自身のマネージャーとしての野望を公言しており、今後数日の間にアシュトンシティとの会談をする可能性がある。」

ウィガン・アスレチックのポール・クックもまた、チャンピオンシップ・プレーオフ出場権獲得への望みを失い4連敗を喫したブリストルシティを解任されたジョンソンの後任候補に名を連ねていると報じられている。

チェルシーからその他