ニュース

メディアウォッチ:ズマのタックルが大反響を呼ぶ、元チェルシーSB、西ロンドンに復帰か

メディアが報じたチェルシー関連の最新ニュースをチェック、クリスタルパレスでのクル・ズマのタックルを称賛したチェルシーのレジェンドが大きな反響を呼ぶ 、元チェルシーのウイング、イングランドサッカーへの復帰が噂される。

これらの記事は、外部メディアの情報源から抜粋したものです。これらはチェルシーFCの見解や立場を表すものではありません。

ズマのタックルに対するテリーのリアクションが反響を呼ぶ

『ザ・スコティッシュ・サン』によると、火曜日に行われたクリスタルパレス戦でのクル・ズマのタックルについて、ジョン・テリーがソーシャルメディアに投稿したコメントがチェルシーファンの間で大きな反響を呼んでいるという。

クル・ズマは、決定的な場面でクリスチャン・ベンテケに対してタックルを成功させ、セルハーストパークで3-2のリードを維持するのに貢献した。

そして、現在はアストンヴィラのアシスタント・マネージャーを務めるテリーは、チェルシーのインスタグラムのアカウントでタックルの画像を気に入って返信した際に、「なんてタックルだ」と彼の感想を投稿した。

このリプライには11,000以上の「いいね!」がつき、一部のブルースファンはチェルシーのレジェンドに感謝の意を表している。

ファンからは「レジェンドのチェルシー時代を思い出す」、

「レジェンドから学んだ」、

「彼はJTがするようなことをした」などのコメントが寄せられた。


シュールレが西ロンドンへ戻る可能性

元チェルシーのウイング、アンドレ・シュールレが今夏、ボルシア・ドルトムントを去ることになりそうだ。『ザ・サン』によるとフルハムとブレントフォードが獲得に興味をしめしている。

シュールレは2015年にスタンフォードブリッジを去りヴォルフスブルクに加入した1年後、ドルトムントに移籍している。しかし、29歳のシュールレは過去2シーズンをフルハムとスパルタク・モスクワで期限付き移籍生活を送っており、来季のクラブのプランには入っていないようだ。

元チェルシーのウインガーはブンデスリーガでの期待に応えることができず、彼らは今、わずか200万ポンドを望んでいると報じられている。 これは、 ヴォルフスブルクに支払った2700万ポンドよりも2500万ポンド少ない。

ドルトムントは、年俸600万ポンドという金額の支払いを逃れたい一心だ。 

イタリアのベネヴェントはセリエAに昇格を決めたばかりで、ドイツ代表57キャップのシュールレ獲得に乗り出しているとの噂がある。しかし、ベネヴェントは彼の年俸を支払う余裕がないだろうと考えられる。しかがって、プレミアリーグの中堅クラブが彼にチャンスを与えようとするは妥当だ。

「次のシーズン一部リーグ昇格へ向けて戦っているフルハムとブレントフォードのどちらかでシュールレが移籍し、西ロンドンに戻ってくる可能性は考えられる」

ケーヒル、今季の残りのシーズンを欠場する見込み

クリスタルパレスのロイ・ホジソン監督は、元チェルシーのセンターバックであるゲイリー・ケーヒルが火曜日のチェルシーとの3-2の敗戦で、ハムストリングを負傷したため、現在のプレミアリーグの残りの期間はゲイリー・ケーヒルが不在になると予想していることを『トークスポーツ』に語った。

チェルシーの元キャプテンのは、試合開始早々に負傷し、チームスタッフの助けを借りてピッチ外に出た。

ホジソン監督は、ケーヒルの負傷についてさらに検査を受けることを示唆したが、今季最後の4試合での復帰は期待していないようだ。

「ハムストリングの怪我だ。彼はハムストリングが断裂するのを感じたようだ」とホジソンは語った。

「彼は診察でスキャンを受けるでしょう、もし筋肉の断裂がなければ、私は非常に驚くだろう」

「もし彼が復帰して残り4試合に出場できるようになっていたら、それは、さらなる驚きになるだろう」とホジソンは語った。

チェルシーからその他