マッチプレビュー

シェフィールド・ユナイテッドVSチェルシー スタッツ

リーグ戦は残り4試合となったが、次の試合に向けて知っておくべき重要な情報と数字を確認しておこう

シェフィールド・ユナイテッドVSチェルシー

ブルーズとブレイズはプレミアリーグのブラモールレーンで4度目、2006/07以来の再会となる。

1992年から1993年にかけてチェルシーとのプレミアリーグ3試合に勝利したシェフィールド・ユナイテッドだが、ブルーズとの対戦ではここ4試合勝ちがない。

1993年11月、ブラモールレーンでシェフィールド・ユナイテッドがブルーズを破った時の指揮官はデイブ・バセットだった。前半はウィリー・ファルコナーが唯一のゴールを決めた。

チェルシーは1965年以来のブラモールレーンでのリーグ戦連勝を目指している。

8月にスタンフォードブリッジで行われた試合は、ブルーズが2点のリードを許した後、2-2に追いついた。シェフィールド・ユナイテッドがチェルシーから勝ち点を奪ったのは、1992/93年以来のことだった。タミー・エイブラハムが2点、カラム・ロビンソンが1点、クル・ズマがオウンゴールを決めた。
 

リーグ戦最大得点差試合

シェフィールド・ユナイテッド 0-4 チェルシー   1930/31
チェルシー 6-1 シェフィールド・ユナイテッド 1961/62

アウェイでの最多得点による勝利  3-0   1907/08

 

前回のブラモールレーンでの試合

シェフィールド・ユナイテッド0 チェルシー2
プレミアリーグ 2006年10月28日 12時45分キックオフ

シェフィールド・ユナイテッド (4-5-1): ケニー;ブロンビー(コズルク64)、ジャギエルカ(C)、デイビス、アームストロング;ギレスピー、(カバ67)、トンゲ(モンゴメリー7)、ライガートウッド、クイン、ウェバー;ハルス
監督 ニール・ウォーノック
PKミス ウェバー 17

チェルシー (4-3-3) イラーリオ;フェレイラ、カルバーリョ、テリー(C)、ブリッジ;バラック、エッシェン、ランパード;ロッベン(マケレレ83)、ドログバ(カルーh/t)、J・コール(ライト=フィリップス66)
監督 ジョゼ・モウリーニョ
得点者 ランパード43、バラック49
ペナルティセーブ イラーリオ17

審判
マーティン・アトキンソン
観客数 32,321人

 

チェルシー  スタッツ

227日間4位に留まった後、火曜日の試合でブルーズは11月22日以来となるプレミアリーグ3位に浮上した。

フランク・ランパード率いるチェルシーは、過去6試合のうち5試合に勝利している。

チェルシーは過去11試合中10試合で2ゴール以上を決めているが、2月にスタンフォードブリッジで行われたマンチェスターUTDとの0-2の敗戦では1点も決められていない。

チェルシーは17試合で30得点を挙げており、プレミアリーグで2番目にアウェーでの成績が良い。

今季、アウェーでのゴール数がチェルシー(36)より多いのはリバプール(41)だけだ。

ブルースは今シーズン、17回のアウェーでのプレミアリーグ戦で1試合だけ完封していて、12月のトッテナム戦での2-0の勝利である。アウェーでのリーグ戦では30ゴールを奪っているが、これはトップリーグのどのチームよりも多い。

タミー・エイブラハムは今シーズン、アウェーで9ゴールを挙げている。1シーズンでアウェーでのゴール数が多いのは、ディディエ・ドログバ(2009/10年15ゴール)とニコラス・アネルカ(2008/09年11ゴール)だけである。

オリヴィエ・ジルーは、直近8試合で5ゴールを記録している。
 

ウィリアンがプレミアリーグ4試合連続でチェルシーのゴールに直接関与したのは初めて(4ゴール2アシスト)。

プレミアリーグ得点者

アブラハム14、ウィリアン9(4ペンス)、プリシッチ8、マウント6、ジルー5、アロンソ4、ジョルジーニョ4(3ペンス)、カンテ3、アスピリクエタ2、ルディガー2、バークリー1、バツアウェイ1、ハドソン=オドイ1、コバチッチ1、ペドロ1、トモリ1

 

記録

セサル・アスピリクエタは、チェルシーで381試合目の出場を予定しており、これでディディエ・ドログバに並び、クラブの歴代出場回数ランキング13位となる。

今週末のスターティングイレブンに入れば、アンドレアス・クリステンセンはプレミアリーグで50試合目の先発出場を果たし、ロス・バークリーはリーグ戦カップ戦含めチェルシーで50試合目の先発出場を果たすことになる。

ルベン・ロフタス=チークは、クリスタルパレス戦でブルースのプレミアリーグ50試合目の出場を果たした。


シェフィールド・ユナイテッド スタッツ


今シーズ プレミアリーグ スタッツ

最多出場:バルドック、バシャム、ノーウッド、スティーブンス、4人ともに34
最多ゴール:ムセット6、フレック5、マクバーニー5
最多アシスト:ムセット4、バルドック、ルンドストラム、スティーブンス、3
最多完封 : ヘンダーソン 12


前試合での勝利で、シェフィールド・ユナイテッドは1993年8月以来となるホームプレミアリーグ3連勝を達成した。

シェフィールド(14)よりもホームでのプレミアリーグのゴール数が少ないのはリバプールとマンチェスター・シティだけだ。

クリス・ワイルダーのチームは、ホームでのプレミアリーグ5試合で無敗となっており、今季最高の成績を残している。

プレミアリーグシーズン34節を終え、シェフィールド・ユナイテッドの勝ち点51は、昇格1年目のチームとしては2005/06年のウィガンの勝ち点48以来、最高の数字となった。

シェフィールド・ユナイテッドの過去10得点のうち5得点はコーナーからのゴールで、過去2ゴールはジョン・イーガンがゴールを決めている。

ブレイズはホームでの17試合中9勝、5敗、3引き分けとなっている。

プレミアリーグ得点者

ムセ6、フレック5、マクバーニー5、ランドストラム4、シャープ3、バルドック2、イーガン2、スティーブンス2、ベルジュ1、ノーウッド1、Cロビンソン1

クリス・ワイルダー監督のチェルシー戦での成績

勝ち 0
引き分け 1
負け 0

 

シェフィールドUtdのプレミアリーグ 前節の試合

7月8日水曜
シェフィールド・ユナイテッド1ウルブズ0
チーム 3-5-2: ヘンダーソン;バシャム、イーガン、オコンネル;バルドック、ベルジ、ノーウッド、オズボーン、スティーブンス;マクバーニー(ムセ49)、シャープ(C)(ジヴォコビッチ71)
警告 オコンネル,スティーブンス
得点者 イーガン 90+3
 

処分

出場停止処分者はいない。

プレミアリーグでは、5本と10本の警告を累積した場合の出場停止処分の期限が過ぎた。これで選手は3試合の出場停止処分を逃れるために、シーズン終了までに15回の警告を累積しないようにする必要がある。

警告数

シェフィールド・ユナイテッド : フレック7、ノーウッド7、バルドック6、スティーブンス6、ランドストラム5、バシャム4、マクバーニー4、オコンネル4、ベシック2、イーガン2、フリーマン2、ヘンダーソン2、マクゴルドリック2、ムセ1、Cロビンソン1、シャープ1 

チェルシー : ジョルジーニョ10、コバチッチ7、クリステンセン5、ズマ5、アロンソ4、カンテ4、ウィリアン4、エメルソン3、マウント3、ルディガー3、トモリ3、アブラハム2、ハドソン=オドイ1、ジェームズ1、ペドロ1


レフェリーとVAR

レフェリー : アンドレ・マリナー
VAR : アンディ・マッドリー

アンドレ・マリナーが今シーズン3度目のチェルシー戦のレフェリーを務める。2月のボーンマス戦では2-2の引き分け、10月のニューカッスル戦ではホームでの試合の審判を務めた。

以上を踏まえて、試合結果を予想しよう
 

チェルシーからその他