マッチプレビュー

PRE-MATCH BRIEFING:シェフィールド・ユナイテッド vs チェルシー

南ロンドンから南ヨークシャーへ。クラブの歴史に精通するリック・グランヴィルとデータ収集家ポール・ダットンが、今週末、約14年ぶりにブラモール・レーンで行われる初戦を前に、試合のキーポイントをまとめた...


チェルシーは、チームにとって2番目に長い連戦を前に、3日間の休暇という比較的贅沢な時間を過ごすことができた。フランク・ランパード率いるチェルシーは、17試合で勝ち点30、36ゴールを挙げ、アウェイでの成績はプレミアリーグで2番目となっている。

今季35回目のキックオフを前に、テラスのアンセム「Annie's Song/Greasy Chip Butty」が鳴り響く無観客で閑散としたブラモール・レーンでのゲームとなるが、プレミアリーグのシーズンがクライマックスを迎え、上位争い真っ只中のチェルシーの熱も自然に上がっていくだろう。

リーグ戦ホームでは、プレイズは後半に前半の約2倍の失点を許している。しかし、8月末に行われたブリッジでの試合では、後半に2点を喫し、リードを保てずに引き分けとなった。

チェルシー2-2シェフィールド・ユナイテッド | プレミアリーグ(H)

リーグ戦も残り4試合となり、獲得できる勝ち点は最大12ポイントとなり、上位を目指すチームにとっては、美学よりも数学が重要になってきた。追いかけるチームにとっても、終了のホイッスルは刻々と迫っている。

火曜日に行われたクリスタルパレスでの見事な勝利のおかげで、ブルーズは現在、4位のレスターと1ポイント差、マンチェスター・ユナイテッドとは2ポイント差、ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズとは8ポイント差となっている。

6月にプレミアリーグが再開されて以来、フランク・ランパードのチームはレッドデビルズを除き1試合あたりの勝ち点を最も多く取っている。
 

Since the restart
PWDLGDPpG
マンチェスター・U5410122.6
チェルシー540152.4
サウサンプトン531142
マンチェスター・C6402152
リヴァプール531142
バーンリー5311-22
ウルブス530211.8
アーセナル631241.7
エヴァートン522111.6
ニューキャッスル522111.6
トッテナム522111.6
ブライトン5212-31.4
レスター513121.2
シェフィールド・U6222-31.3
ウェストハム5113-40.8
ワトフォード5113-50.8
クリスタルパレス5104-50.6
アストンヴィラ5023-40.4
ボーンマス5014-90.2
ノリッチシティ5005-100


 

チェルシーはこの試合に勝利すると、ブランモール・レーンで1965年以降初の2連勝となる。

photo of 主なデータ 主なデータ

集中力を欠き戸惑うチーム

前回、クリスタルパレスを破ったことで、ノリッチとウルブスとの試合を残し、来シーズンのチャンピオンズ出場権獲得圏内に入っている。全てが完璧だったわけではないが、セルハーストパークでの勝ち点3は絶対に欠かせないものだった。レスターが再びポイントを落としたで、3位にまで順位を上げることができた。

今シーズンパレスの本拠地で行われたリーグ戦のゴール数のほぼ6分の1が、火曜日の夜一試合で決められたものだ。ウェストハムで明らかになった守備の脆さが再度露呈されたが、それ以外の部分では、ちーむはエネルギー、個性、そして決断力に溢れていた。

タミー・エイブラハムの決勝点は、10試合無得点だった彼に自信を与え、オリヴィエ・ジルーは7試合で5回目の先発を果たして絶好調をキープしている。ウィリアンは、リーグ最多得点だけでなく、この試合で2アシストを加えてシーズン通算7アシスト、チェルシーでの最多記録に並んだ。

もちろん、ケパ・アリサバラガとクルト・ズマのファインプレーがなければ、この結果は生まれなかっただろうが、特に目立ったのは、クリスティアン・プリシッチがディフェンスを突破してから決めたチーム2点目のゴールだった。残り4試合ですでにキャリアベストの2倍のゴール数を記録しており、チェルシーは、ペンシルバニア出身のスロースターターが得点したリーグ戦では、全ての試合で勝利を収めている。

リーグ再開後好調を維持するクリスティアン・プリシッチ

地道な道を歩くワイルダー

シェフィールド・ユナイテッドがミッドウィークにウルブスに勝利した後も、ヘッドコーチのクリス・ワイルダーはブラモール・レーンで「誰もヨーロッパの話はしていない」と語った。彼とチームにとっては過小評価されている方が都合がよく、組織力、努力、運動力など弱小チームとしての資質を発揮しているのだ。

先日、100日ぶりのプレミアリーグでアストンヴィラと0-0で引き分け、ブレイドは2000/01シーズンのイプスウィッチ以来の昇格チームとして、最初の29試合で勝ち点45ポイント以上を稼いだチームになるチャンスを、惜しくも逃してしまった。

これは最近の得点力のなさを示すもので、過去8試合でのシェフィールドより少ないのはブライトン、ノリッチ、ヴィラの3チームだけだった。オールドトラフォードでの敗戦で、2013年のリーグワン以来、3試合連続無得点となった。

これまでのところ、ブレイドでは、オーバーラップするCBのクリス・バシャム、ウイングバックのジョージ・ボールドックとエンダ・スティーブンス、セットプレーの名手オリバー・ノーウッドの4人の選手がリーグ全試合で先発している。しかし、復帰したばかりの選手や負傷者が続出していることから、ワイルダーには起用できる選手が足りていない状態だ。トッテナム戦では9人のベンチ枠のうち7人、バーンリーとウルブスの試合では8人のみを招集している。

勝利を祝うクリス・ウィルダー

ヨークシャーのチームほどベンチからの選手によるゴールが多いプレミアリーグのチームはなく(7ゴール)、そのうち3ゴールは元ボーンマスのリス・ムセが決めている。

チャンピオンズリーグ抽選会

表題どおりである。2019/20チャンピオンズリーグの準々決勝及び準決勝の抽選は、本日(金曜日)午前11時からUEFAのニヨン本部で行われる。その後の試合はすべて、ベンフィカ(決勝戦を含む)かスポルティングのホームスタジアムで無観客試合として行われる。

チャンピオンズリーグの日程
8月7日、8日:ラウンド16第2試合

8月12日~15日:準々決勝

8月18日・19日:準決勝

8月23日:決勝

遅れていたラウンド16第2試合を前に0-3で敗れたブルーズにとって、この試合は1970年代のTVショー「Here’s what you could have won」の1シーンのように見えるかもしれない。しかし、希望は永遠に湧くものであり、ブンデスリーガ終了後32日間の休み明けにアリアンツ・アレーナでの開催が決定したバイエルンとの対戦に向けて、どれほどの準備ができているのかは誰にも分からない。

差し迫るCASのシティに対する判決

チェルシーは火曜日、11月23日以来初めて3位に浮上し、10月19日以来のベスト4入りを果たした。

月曜日には、マンチェスター・シティがスポーツ裁判所(CAS)に欧州大会出場禁止処分を破棄するよう上訴した結果が発表され、5位以内に入れば来季のチャンピオンズリーグ出場権が確保できるかどうかが明らかになる。

ヨーロッパに向けての道 – 最大勝ち点
PPtsGDMax
1リヴァプール349249104
2マンチェスター・C34695281
3チェルシー34601772
4レスターシティ34593271
5マンチェスター・U34582670
6ウォルヴァーハンプトン3452864
7シェフィールド・U3451263
8アーセナル3450862
9トッテナム3449861
10バーンリー3449-861

南ヨークシャーで勝利すると、チェルシーは勝ち点63、最低でも6位となり、アーセナルとトッテナムのチャンピオンズリーグ出場の可能性はなくなる。

ヨーロッパに向けての6位までの上位争い

シェフィールド・U vs チェルシー – 7月11日
トッテナム vs アーセナル - 7月12日
レスター vs シェフィールド・U - 7月15 日
バーンリー vs ウルブス - 7月15日
トッテナム vs レスター - 7月18日
チェルシー vs ウルブス - 7月25日
レスター vs マンU – 7月25日

チャンピオンズ出場権を賭けて王者の待つアンフィールドに乗り込むチェルシー

トッテナムとアーセナルの直接対決は、ヨーロッパリーグの出場権を決める可能性があり、今シーズン最後のロンドンダービーとなる。スパーズの勝利以外の場合、チェルシーが首都ロンドンでトップの成績を収めることとなる。

プレミアリーグ ロンドン・ミニリーグ
GWDLPPpG
チェルシー8512162.
トッテナム6312101.7
アーセナル7241101.4
ウェストハム820661.3
クリスタルパレス722381.1

2020/2021シーズン開幕日は未定のまま

プレミアリーグのクラブは2020/21シーズンの開幕時期の決定を7月24日まで延期したが、いずれにしても、2019/2020シーズン終了から第29となる2020/2021シーズン開幕までの期間は例外的に短いものになりそうだ。

パンデミック前の開幕日は8月8日を予定していたが、候補となる新たな日程は9月12日・13日の週末になると報じられている。ファンがいつスタジアムに戻れるようになるのかは未だに不明だ。

選ばれた日付はより広い意味を持つことになるだろう。UEFAは、例えば移籍期間を10月5日に終了させたいと考えているが、クラブ側としてはチーム経営に苦しむ各リーグのクラブを助けるために国内での移籍期間を延長することを検討している。

プレミアリーグのシーズンは一般的に週末に34試合、ミッドウィークに4試合を予定しており、スケジュールの圧縮によりカラバオ・カップへの参加を危ぶまれるクラブもあるかもしれない。

シーズンの幕開けを飾る恒例のイベントでさえ、変更を余儀なくされる可能性がある。1908 年にスタンフォードブリッジにてチャリティー・シールドという名で生まれたコミュニティ・シールドは、イングランドの 2 つのタイトル、リーグ優勝者と FA カップの勝者の間で行われる。

コミュニティ・シールド優勝は2009年に遡る

しかし、日程はパンデミック対策により修正されており、もしシールドの開催日が8月22日に決定した場合、8月21日に行われるヨーロッパリーグの決勝戦と23日のチャンピオンズリーグと重なることになる。

FAカップ準決勝に進出した4チームのうち、チェルシーとマンチェスターの2チーム合わせて3チームがUEFAの大会に出場しており、慈善事業として行われるコミュニティ・シールドに参加できない可能性がある。その場合、FAはチャンピオンシップの勝者をウェンブリーでリバプールと対戦させると噂されている。

プレミアリーグの試合(現地時間)

土曜
ノリッチ vs ウェストハム 12時30分 (BT Sport)
ワトフォード vs ニューカッスル 12時30分(Amazonプライム)
リバプール vs バーンリー 15時 (BT Sport)
シェフィールド・U  vs チェルシー 17時30分(Sky Sports)
ブライトン vs マン・C 20時(Sky Sports)

日曜
ウルブス vs エヴァートン 12時 (Sky Sports)
アストンヴィラ vs クリスタルパレス 午後2時15分(Sky Sports)
トッテナム vs アーセナル 16時30分(Sky Sports)
ボーンマス vs レスター 午後7時(Sky Sports)

月曜
マンU vs サウサンプトン 20時(Sky Sports)

チェルシーからその他