分析

フランク・ランパード、シェフィールド・ユナイテッドでの敗戦を分析

フランク・ランパードはシェフィールド・ユナイテッドに敗れた後、チームのパフォーマンスを率直に分析した。

ブルーズはブラモール・レーンで3-0の大敗を喫し、リーグ再開後2度目の敗北を喫した。試合後、ランパード監督は何が悪かったのかを振り返り、どう対応すべきかを分析した。

「彼らはフィジカルも、精神的にも、ボールの扱いもすべて我々よりも優れていた。彼らは我々よりも強かった。今は観客がいないので、すべての声が聞こえてくるが、シェフィールド・ユナイテッドの声しか聞こえなかった。そういう意味でも彼らの方が強かったということだ」

「彼らの方が声も個性もあって、それがプレーにも反映されていた。彼らは良い選手を揃えた良いチームだ。今シーズンの彼らの好調ぶりはわかっていたから、ここに来て、我々のように総合的にパフォーマンスの低いゲームをすれば、結果がこうなることは明らかだった」

ランパードはハーフタイムに3バックに切り替えようとしたと語った。

「選手たちのコンディションを考慮してのことだ。ボールを持っているときの動きが遅すぎたし、リーグ再開後うまくいっていたサイドからの攻撃が全くできていなかった」

「我々はゲームをもっとコントロールしようとし、それなりに成功はしたが、相手に十分脅威を感じさせることはなかったし、彼らはまだカウンターを仕掛けてきていた。調子のいい相手に対して堅い試合運びをしようとしたが、2-0でリードされて全てがより困難になってしまった」

またもやゴールを奪われ不満を漏らすランパード

「失点、ゴールにつながったミス、個人のミス、そういったことがあると、良いチームとの試合では負けに繋がる。この試合は分析しすぎないように気をつけなければならない。シーズン全体を振り返って見ていかないといけない」

「今やらなければならないことは、このゲームについて考えることをやめることだ。重要なのは上位4チームを目指して戦うことだし、今シーズン勝ち点を積み上げたことによって、チェルシーはまだそのレースに残っている」

「この試合を早く整理しなければならないが、多くのことを学んだ。タフな瞬間やタフな試合では、より多くのことを学ぶことができる。これから前に進むためにそういうことが必要なんだと思ってる」

ランパードは、チームの反応が大きな意味を持つと信じている。

「今の段階で4位争いはそれほど気にしていない。もちろんテレビでほかの試合を見て、これからの対策を考えるけどね」

「もちろん、上位4チームには入りたいけど、今日は自分たちのパフォーマンスを反省して、それについて多くのことを学んだ。今日のようにノリッチやマン・ユナイテッド、リバプールやウルブズと対戦することはできない」

「何日も泣くようなことではない。自分たちがどういう状況にあるかは分かっているし、トップ4を目指して戦うチャンスもある。まだまだ完成された状態ではないことは分かっているし、改善していかなければならない」

チェルシーからその他