インタビュー

アスピリクエタ:我々の動きが鈍かった

セサル・アスピリクエタは、シェフィールド・ユナイテッド戦で何が悪かったのかを分析し、選手たちはブレイズに負けたことを受け入れなければならないと感じている。

チェルシーはブラマル・レーンで苦しい時間を過ごした。運動量が多く、組織化されたシェフィールド・ユナイテッドを相手に、敗戦を喫した。3-0で吹かれた試合終了の笛の後も、CL出場権獲得への可能性は残されている。

土曜日の敗戦を振り返り、アスピリクエタは相手に球際で負けていたこと、前に出るときのスピードが足りないことが重なり、試合を落としてしまったように感じた。

「キックオフから本当にひどかった」とキャプテンは振り返った。「彼らはロングボールを入れてきて、我々はそのままコーナーを与えてしまった。だから、我々は準備ができていなかった。彼らは非常に組織的なチームで、自分たちが何をすべきかをよく理解していることはわかっていた」

「前半に一度だけシュートを打ったと思うが、彼らがロングボールを入れてくるたびに、それが決定機に見えた。我々は重要なゲームだとわかっていたのに、今日の試合に負けてしまい、大きなチャンスを失ってしまった」

アスピリクエタは対戦相手の良さをいち早く認識していたが、次は、自分たちの失敗やどこを改善していけばいいのか、ということにもっと焦点を当てていきたいと考えている。

「彼らはよく組織化されたチームで、多くのゴールを奪うことはないが、我々は動きが鈍かった。良いポジションにいる前線の選手を見つけるためにボールを移動させるスピードも足りなかった。パスの出し方が非常にフラットで、横に行ったり、後ろに行ったりしていた」

「我々はアタックキングスペースで相手に脅威を与えられなかった。今シーズン、スペースを作ることが課題で、それが出来たときは得点できるし、出来なければ得点は難しい。敵にゴールを許してしまうのならば、クリスタルパレス戦のように、勝つために3ゴールを決めなければならないが、今回は1ゴールも決められなかった」

また、アスピリクエタは、ブラマールレーンで採用した戦術の変更が、パフォーマンスの悪さを助長したという考えを否定した。

「それは願望というか、決意が大きかった。彼らは私たちよりも気持ちが入っていた。いつも先につま先を入れてくるんだ。1対1やセカンドボールで毎回どっちが勝てたかの話であって、戦術の問題ではない」

チェルシーからその他