インタビュー

アスピリクエタ:共に戦う

セサル・アスピリクエタCL出場権獲得へ、ここからの試合すべてをカップ戦決勝だと思って戦うと語る

プレミアリーグのシーズン終盤に差し掛かった今、上位4チームのレースは微妙なバランスを保っている。レッドデビルズのサウサンプトン戦を前に、3位、4位、5位の勝ち点差はわずか2点。

先週のクリスタル・パレス戦に勝利して現在3位につけているが、土曜日のシェフィールド・ユナイテッド戦での敗戦を受けて、状況がより厳しくなっていることは明らかで、これ以上の敗戦は許されない。

「私たちは多くのゴールを許してしまい、明らかに、それが今シーズン多くの試合と現状を難しいものにした。今、この段階で重要なのは、団結して、共に戦うことだ。」とキャプテンは語った。「プレミアリーグでは残り3試合、FAカップ準決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦があることはわかっている。」

「我々の仕事は、順位表の中で可能な限り高い位置につけることだ。我々は3位に入った、我々はチェルシーであり、常に可能な限り上位でシーズンを終えることを目指している。だから、そのチャンスを失って3位以内に入れなかった場合は、明らかに大きな失望感を感じることになるだろう」

「シェフィールド・ユナイテッドでの結果には非常にがっかりしているし、ノリッチとの大事な試合があることもわかっている。ここからシーズン終了までの全ての試合が決勝戦であり、可能な限り最大のポイントを獲得しなければならない」と語った。

キャプテンは、ハキム・ツィエクとティモ・ヴェルナーという来季の新加入選手がすでに2人確保されていることからもわかるように、チェルシーのようなクラブでのポジション争いの重要性についても語った。しかし、彼は2019/20シーズンの最後の数試合でやるべきことにしっかりと集中していると語った。

「チェルシーの選手であれば、すべてのトレーニングセッション、すべての試合でベストを尽くさなければならない。チェルシーには常に、非常に優れた選手、ワールドクラスの選手、そして新たな加入選手がいる。私たちは毎日、自分たちの居場所のために戦わなければならないことを知っているし、基準は高く、最大限の努力をしなければならない」

「野心は残っていなければならない。今のところ我々チームは、今シーズンの目標を達成できるチームだと思っているし、来シーズンが来たら結果がどうであれ、それをそのまま受け止めることになる。しかし、現時点での焦点はこの数週間で自分たちができる最高の仕事をして、目標を達成することにある」

エイブラハム シェフィールド戦、修正の重要性についてを読む

チェルシーからその他