分析

先を見据えるランパード

フランク・ランパードはシェフィールド・ユナイテッド戦での敗戦をあまり気にせず、CL出場権獲得にに向けた残りの試合に集中したいと考えている。

チャンピオンズリーグ出場を目指すチェルシーの道のりは、ブラマールレーンでブレイズに3-0で敗れ、また一歩後退してしまった。ランパード監督は、この敗戦と試合でのパフォーマンスの悪さから監督として多くのことを学ぶと述べているが、選手たちにとっては、過去に何ができたかよりも、将来何ができるかに注目することの方が重要だと感じているようだ。

「今の状況からすると、粗探しは必要ないと感じている。」と説明した。 

「試合はあっという間に終わってしまうし、もうすぐシーズンも終わりに近づいている。確かに私自身も試合を分析するつもりだが、選手たちにとって一番大事なことは、前向きに次の試合を見据えることだ。」

「選手としての気持ちはわかる、選手にとってはひどい試合だった。我々の選手たちは誰一人として良いプレーをしていなかった。シェフィールド・ユナイテッドのようなチームを相手に、彼らが良いプレーを出来ていない場合、何かを得るのは非常に難しい。我々は何も得られなかった。今回はそのことを気にせず、これからの試合に集中し、選手たちにも、そうしてもらいたい」

「とはいえ、シェフィールド戦を気にしていないわけではない、ゴール前でのパフォーマンスの改善、特に今シーズンの課題であった、エラーをなくすという点では、選手たちのためにやるべきことがあると思っている」

「パフォーマンスが気に入らなかったのは正直なところだ。どの程度の評価だったのかは分からないが、パフォーマンスの面では今シーズン最悪の日の一つだったことは確かだ。その点では自業自得だ」

「ディフェンスに関しては、この先の試合に絶対に集中しなければならない。4バック、2バック、3バック、何と呼ぼうと、自分たちが選ぶことには、一貫性を持ちたいと思っている。それが全員の目指すところですが、残念ながら今シーズンはチームでのミスや個人のミスが目立ってしまった」

「あの量の失点はしたくないだろう。シーズンを振り返ってみると、失点には多くの理由がある。時には十分な得点ができていないことを嘆くこともあるが、それは試合で良い意味での緊張感を与えてくれるし、緊張感が得点につながることもあるが、失点という点では、あまりにも多くのミスを犯してしまっている」

「それが今の状況だ。出来る限りの成功を収め、今シーズンを乗り切るためには、個人のハードワークしかない。なぜなら、シーズン開始時の期待値を考えれば、我々はまだ良い位置にいるからだ。選手には、「前を向いて行こう」と言った」

チェルシーからその他