ニュース

メディアウォッチ : アメリカ人ミッドフィルダー獲得の噂、アストンヴィラ監督JTの退団を否定、バカヨコドイツ移籍か

チェルシーに関連した最新のニュースをメディアから見てみると、新たな契約に関する噂があり、ブルーズがミッドフィルダーと契約する一方で、もう一人の選手を退団させる可能性があることが示唆されている。

これらの記事は外部メディアの情報源から抜粋したものであり、チェルシーフットボールクラブの見解や立場を表すものではありません。

チェルシーはマケニ―に興味あり?

英 Sunによると、チェルシーは今夏にドイツ、シャルケを退団することが決まっているアメリカ人MFウェストン・マケニーとの契約に興味を持っている数あるクラブの1つだという。

ブルーズのスター、クリスティアン・プリシッチのアメリカ代表チームメイトである21歳は、過去4年間をシャルケで過ごし、2024年までの契約を結んでいる。

しかし、クラブの財務トラブルが報じられていることから、彼の退団が認められる可能性もある。

「ブンデスリーガのエースは£2000万で評価されており、CBSスポーツは、彼がイングランド、スペイン、フランス、ドイツからの関心を集めていることを示唆している 」とレポートされている。

「マケニーがチャンピオンズリーグに参加するチームへの移籍を考えていることは理解されているが、プレミアリーグのチャンピオンであるリバプールとフランク・ランパード率いるブルーズはその条件に合うだろう」

「マケニーは、一時は6強入りをしていたシャルケでの活躍が評価されが、チームは12位に後退した」

「シャルケは財政難の中での現金化に意欲を見せている" "最高の選手たちがすでに売りに出されている」


アストンヴィラ JTの退団を否定

アストン・ヴィラのディーン・スミス監督は、ジョン・テリーが降格回避に向けてクラブの戦いに専念しており、ブリストルシティの指揮を執るために退団することはないと『スカイスポーツ』 に語っている。

バーミンガムのクラブは日曜日にクリスタル・パレスを2-0で下したが、プレミアリーグの降格圏にあり、残り3試合で残留圏との勝ち点差は4となっている。

スミス監督は、元チェルシーのキャプテンであるテリーがリー・ジョンソン監督の解任を受けて、ブリストルシティの監督に就任する可能性が浮上しているが、、テリー氏はアストンヴィラの生き残りをかけた戦いを放棄しないだろうと考えているようだ。

「ジョンとは話をしたが、彼はアストン・ビラでの我々の目標にすべてを掛けている」とスミス監督は語った。

「彼が、もう夏のことを考えているとは思わない、我々は今に集中しなければならないと思います」

「今は私の元コーチであるディーン・ホールデンが指揮を執っていて、彼はクラブのために一生懸命働いているし、JTは私のために一生懸命働いてくれている」

「我々はいい関係を保っているし、ともに働くことを楽しんでいます」

 

バイエルンがバカヨコ獲得に興味

Le 10 Sportによると、バイエルン・ミュンヘンは来季に向けて中盤の補強を図るため、チェルシーからティムエ・バカヨコの獲得の可能性を検討しているという。

2シーズン連続でドイツのリーグ戦カップ戦共にタイトルを獲得したバイエルンは、ハビ・マルティネスとチアゴ・アルカンタラの退団が予想されていることから、チームの大幅な変更を検討していると報じられている。

バイエルンはすでにパリ・サンジェルマンから十代のタンギー・クアッシと契約しているが、 『Le 10 Sport』によると、バカヨコはトッテナム・ホットスパーのタンギー・エンドンベレとともに真剣に検討されているという。

報道によると、過去2シーズンをACミランとモナコで過ごしてきた25歳の選手との契約にブルーズが同意するだろうと付け加えている。

チェルシーからその他