ニュース

メディアウォッチ:コール、ノリッチ戦での勝ち点の重要性を強調、ジルーがゴール後のユニークなパフォーマンスを説明

メディアが報じたチェルシー関連の最新ニュースを見てみる、アシュリー・コールがノリッチシティ戦での僅差ながらも重要な勝利を振り返り、オリヴィエ・ジルーがカナリーズ戦での "スクラブル "のパフォーマンスについて語っている。

これらの記事は、外部メディアの情報から抜粋したものです。これらはチェルシーフットボールクラブの見解や立場を表すものではありません。

コールはチェルシーのプレーの質の向上を望む

元チェルシーのディフェンダー、アシュリー・コールはSky Sportsに対し、チェルシーが大きく改善できる部分はあるが、現時点でフランク・ランパード監督率いるチームにとって重要なのは勝ち続けることだけだと語っている。

火曜日、解説者として出演していた元イングランド代表の左サイドバックは、プレミアリーグでの4位争いでレスターシティとマンチェスター・ユナイテッドに4ポイント差をつけた勝利の重要性を語った。

「この48時間で見てように、シーズンの終盤で変なジョークを言うべきではない。結果こそ重要であり、私たち(チェルシー)は、相手にゴールを許さず、一点を守り切った」とコールは言った。

自分たちでチャンスをいくつか作ったし、1得点した、もっと多くのことができたかもしれないし、自分たちのプレーの質をもう少し良くできたかもしれない。

「もっと得点できたと思うが、それは後回し。 チームとしての今の状況、そして今の順位を考えると、今夜は勝ち点3が全てだったと思う」

シーズン序盤の段階で見せたものよりも、もう少し質の高いプレーが見たい。チームがコンパクトになるためには、より速くボールを動かし、時間をかけず、多くのタッチをしないことが必要だ。もっと相手を動かして、自分たちも流動的に動かなければならない。

「でも、この段階で勝ち点3を取れたのだから、あまり批判的にはなりたくない。簡単なことではないし、誰もが理解できる理由で選手たちは神経質になっていたはずなので、今日の結果には満足している」

ジルーがカンテにゴールを捧げる

Evening Standardによると、ノリッチ戦でオリヴィエ・ジルーがゴールを決めた後の、普段あまり目にしないパフォーマンスは、負傷したチームメイトのエンゴロ・カンテに捧げられたものだったという。

ハーフタイム直前に均衡を破ったストライカーは、カンテが座っていたスタンフォードブリッジのスタンド前に立ち、架空のノートに何かを落書きするふりをしていた。

試合後に質問を受けたストライカーは、ハムストリングの負傷で試合を欠席したフランス人の同僚へのパフォーマンスだったと説明した。

「エンノロ・カンテと一緒にスクラブル(ボードゲーム)で遊んでいて、それを彼に向けただけなんだ。それだけだ!」とジルーは言った。


デイヴィスのミッドフィルダーの理想像はチェルシーの二人

エバートンのMFトム・デイヴィスは Soccer AMの取材に対し、エンゴロ・カンテのハードワークとフランク・ランパードのゴール能力が、彼の "完璧なミッドフィールダー "を作る上で重要な要素になるだろうと語った。

Soccer AMの司会者とのビデオに出演したデイヴィスは、完璧なミッドフィールダーを構成する7つの要素を最もよく体現した選手の名前を挙げて欲しいと頼まれた。

最初の要素として、体力を上げ、これまでに対戦した中で最もタフな選手の一人と評したカンテを迷わず選出した。

「とにかくもう彼はすごいんだ、でしょ?」とフランス人選手について語った。

「チャンスの一つも与えてくれない、素晴らしい選手だ」

リーダーシップにロイ・キーン、パスにシャビ、ペース配分にパトリック・ヴィエイラ、知性にアンドレア・ピルロ、強さにムサ・デンベレを選んだデイヴィスは、最後にランパードを得点源として選んだ。

「若い時に、自分のポジションでプレーしていて、シーズン20ゴールを決めている人を見ると、そうしたいと思うようになるんだ」とエバートンのミッドフィルダーは語った。

「彼のプレー見るのが好きだったし、彼のゴールを見るのも好きだったよ...僕の中では、彼は間違いなくゴールスコアラーだね」

チェルシーからその他