マッチプレビュー

チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッド スタッツ

ウェンブリーが待っている、いくつかの事実とデータで今週末のFAカップ準決勝に備えよう

チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッド直接対決

マンチェスター・ユナイテッドは2011年以来の4連覇を目指している。彼らは2018年のFAカップ決勝、チェルシーがエデン・アザールの決勝点で勝利して以来、チェルシーに対して6試合無敗を誇っている。

2003年にロマン・アブラモヴィッチがクラブを買収して以来、チェルシーとマンUTDは、チェルシー16、マンUTD14と、他のイングランドのどのクラブよりも多くの主要トロフィーを獲得している。

チェルシーとマンUTDが4年連続でFAカップで顔を合わせる。

この対戦は、オーレ・グンナー・スールシャール監督率いるチームが勝利したプレミアリーグの両試合と、スタンフォードブリッジで行われたカラバオカップ第4戦を含め、この試合が今シーズン4試合目となる。

国内カップ戦の両大会で顔を合わせたのは、2012/13年のみで、チェルシーはその両方で勝利した。


FAカップ 前回の対戦

チェルシー 0 マンチェスター・ユナイテッド 2
第5ラウンド、スタンフォードブリッジ、2019年2月18日 19時30分

チェルシー (4-3-3) アリサバラガ;アスピリクエタ(C)(ザッパコスタ82)、ルディガー、ダビド・ルイス、アロンソ;カンテ、ジョルジーニョ、コバチッチ(バークリー71);ペドロ(ウィリアン58)、イグアイン、アザール
サブ カバレロ、クリステンセン、ハドソン・オドイ、ジルー
監督 マウリツィオ・サッリ
警告 ルディガー60、カンテ64

マンチェスター・ユナイテッド (4-3-1-2) ロメロ;ヤング(C)、スモーリング、リンデロフ、ショウ;エレーラ、マティック、ポグバ;マタ(ペレイラ75);ラッシュフォード(マクトミネイ90+3)、ルカク(サンチェス73)
サブ デ・ゲア、バイリー、ダロット、フレッド
監督 オーレ・グンナー・スールシャール
警告 マティック14、ヤング21
得点者 エレーラ31、ポグバ45

主審 ケビン・フレンド
観客数 40,562名
 

各チームのアウェイまたは中立地での最大得点差での勝利

マンUTD 0-4 チェルシー 1968/69 (Div.1)
チェルシー 0-4 マンUTD 1947/48 (Div One), 1993/94 (FAカップ決勝)

 

チェルシースタッツ

チェルシーは2007年にオープンしてからウェンブリースタジアムで25試合目を迎える。

19シーズンで10回目のFAカップ準決勝進出を果たし、それは他のどのクラブよりも多い。

フランク・ランパード監督は、14回目のFAカップ決勝進出を目指している。

ブルーズは、ウェンブリーで行われたFAカップ準決勝の過去8回のうち7回、1994年のルートンタウン戦(ルートン側にケリー・ディクソンがいた)、2000年のニューカッスル戦、2009年のアーセナル戦、2010年のアストンヴィラ戦、2012年と2017年のトッテナム戦、2018年のサウサンプトン戦で勝利している。唯一の敗北は2013年のマンチェスター・シティ戦。
 

同じシーズンに国内カップ戦両大会で対戦したチームとの対戦は、今回が11回目となる。

1969/70 リーズ(勝、勝)
1971/72 ボルトン(勝、勝)
1977/78 リヴァプール(負、勝)
1984/85 ミルウォール(勝、負)
1990/91 オックスフォード(勝、負)
2001/02 トッテナム(負、勝)
2004/05 ニューカッスル(勝、負)
2006/07 ブラックバーン(勝、勝)
2011/12 リヴァプール(負、勝)
2012/13 マン・ユナイテッド(勝、勝)
 

チェルシーは過去13回のFAカップで12勝(PK戦1回を含む)しており、2019年、マンUTDに敗れたのみだ。

今季FAカップの結果
3回戦 ノッティンガム・フォレスト(H) W 2-0
4回戦 ハル(A)W 2-1
5回戦 リバプール(H)W 2-0
準々決勝 レスター(A)W 1-0

FAカップ得点者

バークリー3、バチュアイ1、ハドソン=オドイ1、トモリ1、ウィリアン1

フランク・ランパード監督率いるチームは直近12回の国内リーグ戦とカップ戦のうち、9勝2敗。

オリヴィエ・ジルーは、ここ6試合に先発して5ゴールを挙げている。


記録

ノリッチ戦はフランク・ランパードがブルーズの監督として50試合目。勝率54パーセントを記録している。

同試合ではセサル・アスピリクエタが382試合目に出場し、ペトル・チェフ(494)に次ぐ2位の国外出身選手となった。
 

マンチェスター・ユナイテッド スタッツ


FAカップ ベストシーズン

優勝 : 1909, 1948, 1963, 1977, 1983, 1985, 1990, 1994, 1996, 1999, 2004, 2016年
準優勝 : 1957, 1958, 1976, 1979, 1995, 2005, 2007, 2018年


マンチェスター・ユナイテッドは、過去9年で3度目のFAカップ準決勝進出を果たした。

1970年(リーズに敗れた時)以来、マンチェスター・ユナイテッドは17回のFAカップ準決勝のうち15回で決勝に進出している。敗れたのは2010/11年のマン・シティ戦と2008/09年のエバートン戦の2回だけである。

スールシャール監督のチームは、今シーズンのFAカップで1ゴールしか挙げていない。

マンUTD ここまでのFAカップ
3回戦ウルブズ(A)D 0-0、(H)W 1-0
4回戦 トランミア(A)W 6-0
5回戦 ダービー(A)W 3-0
準々決勝ノリッチ(A)W2-1


FAカップ得点者

イガロ3、マグワイア2、ダロ1、グリーンウッド1(ペン)、ジョーンズ1、リンガード1、マルシャル1、マタ1、ショー1
 

オーレ・グンナー・スールシャール監督のチェルシー戦での成績
勝ち 4
引き分け1
負け4

 

マンチェスター・ユナイテッド 直近のFAカップ

準々決勝 6月27日(土)
ノリッチ1 マンUTD2(延長戦の末)
4-2-3-1 ロメロ;ダロット(ウィリアムズ62)、ベイリー(マルシャル96)、マグワイア(C)、ショー;マクトミネイ(マティック78)、フレッド(ポグバ78);マタ(グリーンウッド63)、フェルナンデス、リンガード(ラシュフォード63);イガロ
警告: Fernandes
得点者: Ighalo 51, Maguire 118
 

処分

出場停止なし

FAカップでは、2枚のイエローカードを受けた場合、1試合の出場停止処分となります。カットオフポイントは準々決勝であるため、累積イエローカードによって決勝戦を欠場することはありません。

FAカップ警告者リスト

マンUTD:ベイリー1、フェルナンデス1、フレッド1、ジョーンズ1、マグワイア1、ショー1、ウィリアムズ1、ヤング1

チェルシー:ジェームス1、コバチッチ1、ズマ1

 

レフェリーとVAR

審判: マイク・ディーン
VAR: マイケル・オリバー

マイク・ディーンは、レスターで行われたFAカップ準々決勝で我々の試合の審判を務めた。彼が2019/20年にチェルシーで行った他の試合は、11月に行われたクリスタルパレス戦での2-0の勝利のみ。
 

チェルシーからその他