インタビュー

ジャンフランコ・ゾラがFAカップで印象に残ったゲーム、トレードマークであるフリーキックについて、そしてユナイテッド戦で決めたあの有名なゴールについて語った

チェルシーにとって今週末のユナイテッド戦は、19シーズンで10回目のFAカップ準決勝となる。これほどの成績になると、世界で最も歴史のあるクラブサッカーの大会で最後の4位以内に入ることがどれほど特別なことであるかを忘れてしまいがちになるほどだ。

しかし、ブルーズが四半世紀以上ぶりのトロフィー獲得を目指していた1997年はそうではなかった。当時パルマから加入したばかりの選手が、FAカップの独特のスリルを初めて味わった非常に刺激的な時代であった。

ジャンフランコ・ゾラが初めてFAカップでプレーしたのは、チェルシー入団から2ヶ月後であった。彼の特別な才能はすでにスタンフォードブリッジのファンの心を掴んでおり、そのシーズンの決勝進出への貢献は非常に大きかった。

第3戦のウェストブロム戦で得点を決めた後、次のラウンドのリヴァプール戦では、前半2-0とリードされていたが、後半に大反撃を見せ4-2で勝利を収め、チェルシーにとってFAカップの名勝負の一つとなったのである。

マッチ・オブ・ザ・デイのポッドキャストトップ10 の最新エピソードで、ゾラは、あの有名な逆転勝利を思い出し、自身のキャリアの中で最も印象的な試合として選んだ。

「FAカップがどれほど重要なものか知らなかった。当時、リヴァプールはとても強かったし、チェルシーは改善の余地のあるチームだった。前半終了時には2-0とリードされていたが、後半に挽回し、スタジアムは信じられないような雰囲気になっていた」

「マーク・ヒューズが途中出場して、素晴らしい活躍を見せた。入って数分後にゴールを決めて2-1とし、ピッチ上に電気が走っているようだった。正確に表現するのは難しいけど、誰もが特別な試合であることを感じ取っていた」

「最終的には、2-0から4-2でリヴァプールを下した。信じられないような試合だったし、ピッチでプレーできて本当に誇りに思った」

その年のハイベリーで行われたポーツマス戦と準決勝のウィンブルドン戦でゾラはゴールを決めたが、ウェンブリーでゴールを決めることはなかった。しかし、イタリア代表としてワールドカップ予選のイングランド戦に出場したゾラは、イタリアの国立競技場でゴールを決め、彼にとって国際的なキャリアのハイライトとなったのである。

「祖国のためにプレーすることは、最高のことだといつも思っていた」と彼は続けた。「イタリア代表の一員であることに大きな誇りを持っていた」

「イングランド戦で決勝点を決めたことは、本当にうれしいことだったし、特に翌日、練習場に行って見たデニス・ワイズの顔は最高だったよ」

ゾラは、ハーリントンのトレーニング場で、絶え間ない練習を重ねることで、その技術を完成させた。その姿はフランク・ランパードやジョン・テリーの目に留まり、後年の彼らにも大きな影響を与えたのである。

フリーキックは彼の得意技であり、何時間もの練習で習得した技術は、我々ファンの記憶に残るゴールとして実を結んだ。

「軸足となる左足を少しボールの手前、離れた位置に置くと、ボールを鞭のようにヒットすることができた。だから何回も練習したんだ」と説明するゾラ。

「ボールが上、そして左に回転させるために左足を少し開くようにしたんだ。練習から生まれた賜物だったんだ」

ゾラの最も有名なゴールの一つは、彼の初出場となった試合で、今週末の対戦するマンチェスター・ユナイテッドとの対戦だった。右サイドラインからディフェンダーを振り切り、デニス・アーウィンとゲイリー・パリスターを置き去りにして、棒立ちするペーター・シュマイケルの右下にボールを流し込んだのである。

このゴールは今でもブルーズにとってプレミアリーグにおける最も象徴的なゴールの一つであり、ゾラはそれを懐かしく振り返る。

「自分にとってユナイテッドとの最初の試合で、ブリッジでのゴールだったと思う。右サイドのダン・ペトレスクからボールを受け取って、クロスを入れるふりをしたんだ」とゾラは振り返る

「マーク・ヒューズがファーサイドにいたので、アーウィンはクロスを入れると思ったが、そうせずに、エリアに入ってパリスターを抜いて、キーパーの前に入った。深く考えずに、ボールを蹴ったんだ」

チェルシーファンは、日曜日にブルーズが再びユナイテッドと対戦するときに、現在プレーする選手たちが同じようなマジックを披露することを期待していることだろう。


ポッドキャストの全エピソードは、こちらから聴くことができます。

チェルシーからその他