ニュース

メディアウォッチ:元チェルシーFW、「タミー・エイブラハムはオリヴィエ・ジルーを見習うべき」、アンドレ・シュールレがフリーエージェントに、ダヴィド・アラバはプレミアリーグに興味なし

チェルシー関連の最新情報:ジミー・フロイド・ハッセルバインクがオリヴィエ・ジルーの最近の素晴らしい活躍ぶりについて語る。元チェルシーのアンドレ・シュールレがボルシア・ドルトムント退団後のプランを明かす。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ハッセルバインク、エイブラハムはジルーから学ぶべきだと語る

元チェルシーのストライカー、ジミー・フロイド・ハッセルバインクがオリヴィエ・ジルーの好調ぶりを称賛し、タミー・エイブラハムは経験豊富なフランス人選手から学ぶよう促した、とGoal.com が報じている

ハッセルバインクは、火曜日に行われたノリッチ戦で、ここ10試合で6ゴール目となる得点を挙げたジルーを称賛した。

「ジルーは素晴らしいプレーを見せてくれた。チームにフレッシュな空気をもたらしたんだ。エイブラハムが学ばなければならないのは、彼(ジルー)を見ていればわかる。彼は他の選手を引き立たせることができている。」とPremier League Productionsに語った。

「個人的には、ジルーはもっとゴールを決めるべきだ。もっと自己中心的にゴールを狙ってもいいと思うが、彼はチームのプレーに積極的に参加して安定感をもたらしている」

33歳のジルーは、若い選手たちのペースにはついていけないかもしれないが、ハッセルバインクは、ストライカーとしての彼の気質と本能が、彼の活躍の理由だと考える。

「ジルーはディフェンダーの裏を取るのがうまい。ノリッチ戦でのゴールシーンでは、彼はディフェンダーにマークされていたが、急にポジションを変えて振り切った。まるでどこにボールが行くかわかっていたかのようにね」

「彼はチェルシーにとって非常に重要な選手さ」

 

シュールレ、ボルシア・ドルトムント退団へ

元チェルシーのウインガー、アンドレ・シュールレがボルシア・ドルトムントから退団することをクラブと相互に合意し、フリーエージェントとなったことがドイツクラブの公式サイト発表された。

シュールレは2016年にドルトムントに加入したが、過去2シーズン、フルハムとスパルタク・モスクワにレンタルされており、契約期間を1年残してドルトムントを去ることになった。

「振り返ってみると、浮き沈みの激しい期間だったが、スポーツ面でも、特に私生活でも、多くの貴重な経験をすることができました。BVBの責任者、クラブ、そして特にファンの皆様に感謝の意を表します」と29歳はクラブの声明の中で語った。

シュールレはチェルシーで65試合に出場して14ゴールを記録、2014/15シーズンにはヴォルフスブルクへの移籍のためにシーズン途中で退団したが、チェルシーのプレミアリーグ優勝に貢献した。 

アラバ、チェルシーへの移籍を否定

90min.comによると、バイエルン・ミュンヘン退団の決意を固めたダヴィド・アラバは、チェルシーやマンチェスター・シティを含めたプレミアリーグへの移籍には興味がないという。

ドイツ紙Bildの報道を引用した同サイトによると、アラバはバルセロナかレアル・マドリードへの移籍を希望しており、両チームともこの夏に彼を獲得する意思を見せているとのこと。

同紙は以下の通り述べている。

「このオーストリア人DFは今シーズンブンデスリーガ8連覇を達成し、CBとしてシーズン後半の躍進に大きく寄与した。しかし、アラバは将来のことを考えているようだ。現在の契約は2021年までとなっており、当然のことながら、多くのビッグクラブが彼に興味を持っていると言われている。チェルシーやシティも興味を示しているが、『Bild』によると、アラバはプレミアリーグへの移籍を考えていないという。2013年から2016年までペップ・グアルディオラ監督のもとでプレーしていたにもかかわらず、移籍先としてバルセロナとレアル・マドリーを望んでいるようだ」

チェルシーからその他