ニュース

ランパード、カンテのコンディション、プリシッチのフィジカル改善、そしてマンUについて語る

ハムストリングの怪我からの回復が遅れているエンゴロ・カンテはFAカップ準決勝には召集されない見込みだ。

カンテ欠場のニュースは、コバムのメディアルームからビデオリンクで放送されたフランク・ランパードの試合前記者会見で明らかとなった。

「チームは問題ないが、エンゴロ・カンテは試合に出られないだろう」と語るランパード。

「まだ回復しきれていないから召集はできない。それ以外にも少し問題を抱えている選手が数人いる。明日まで24時間様子を見て、日曜の試合に向けて準備をしていく」

リーグ上位争い、そしてFAカップの両方でチェルシーの前に立ちはだかるマンチェスター・ユナイテッドは、今シーズン既にブルーズに3度勝利しており、ランパードは彼らの強さを認識している。

「彼らが良いプレーをしていることは分かっている。攻撃陣3人は非常に強力だし、数字から見ると国内で最も攻撃力が高いと言えるだろう。(ブルーノ)フェルナンデスは1月に到着して以来、チームに大きなインパクトをもたらした」

「個人の能力によってチームが強化されたことは明らかだ。我々は自分たちを信じてマンUの攻撃を抑えなければならない」

ウェンブリーでの試合を初めて経験するクリスティアン・プリシッチのプレーは、この大舞台で勝負を左右することになるだろう。ランパードは、彼の最近の好調ぶりはフィジカル面によるものだと分析する。プリシッチはリーグ再開後から3得点を挙げ、前節のノリッチシティ戦ではオリヴィエ・ジルーのゴールをアシストしている。

「プリシッチは全ての面でプレーの質を上げている。プレミアリーグはフィジカルが特徴なリーグだから、外国から来て順応するのは難しいことだ。クリスティアンの若さと、まだチーム入団一年目ということを忘れてはならない」とランパードは付け加えた。

「彼は入団当時、フィジカル面でかなり苦労していたと思うが、今ではそれにうまく対応できるようになってきている。それは彼が自分なりのアプローチで克服したことだ。彼はフィジカル面をコーチのアダム・バローズと一緒に改善してきた。今クリスティアンは責任感を持ってプレーしている」

「フィジカル面も改善されたが、彼の本来の才能が発揮されているという面もある。今後は、最近の試合のように彼のゴールとアシストをもっと見たいと思っている。彼にはそれができる能力があると感じているし、彼のゲームがレベルアップしていくにつれて、それがチームの強みになっていくだろう」


FAカップ準決勝に関するデータをチェックしよう

 

チェルシーからその他