ニュース

ランパード監督会見 カンテの怪我、ハドソン=オドイの調子、CL出場権獲得に向けて

ブルーズは明日のアンフィールド遠征に向けて、またしてもエンゴロ・カンテが欠場することになった。フランク・ランパード監督は、リバプールはプレミアリーグのチャンピオンに輝いて以来、成績が思わしくないが、試練の多いゲームになることと予想している。

中断をはさんだ今シーズンのプレミアリーグ、最後の試合を前にしたランパード監督のビデオ記者会見で、チームの最新情報が伝えられた。

水曜日の夜8時15分キックオフで、ユルゲン・クロップ監督のチームと対戦する。監督は、「エンゴロは間に合わない。」と明らかにした。

「彼はこの試合の準備ができていないんだ」と明かした。

先月、チェルシーがシティに勝利した結果、リバプールがタイトルを手にして以来、彼らはマンチェスター・シティ、バーンリー、アーセナルを相手に勝ち点を落としている。しかし、ランパード監督は完全に戦力の揃った相手と対戦する準備をしており、リヴァプールがプレミアリーグのトロフィーを手にする夜に、一泡吹かせるショーを行うことを望んでいる。

プレミアリーグでの3度の優勝経験を持つランパードは、「最終戦の結果は、トロフィーの印象を変えることになる」と語った。

「リバプールは素晴らしいプレーをしたシーズンだったし、成功して、彼らが持っているような素晴らしいパフォーマンスでシーズンを乗り越えるときには、多少の負けも普通のことなのかもしれない。彼らは長い期間、事実上無敗だったので、結果を出せた。」

「最近のリヴァプールのことは考えていない。シーズンの大部分を見てきた 強いリバプールだけを考えている」「それが私が期待しているリバプールだ」 

ガード・オブ・オナーを行うつもりか問われたランパード監督

「このような状況でリーグを制覇したチームにガード・オブ・オナーを与えることができて、とても嬉しい。私たちは大きな敬意を持って臨む。」

「私たちはリーグで競争しているが、あるチームがリーグを制した時の振る舞いを知っている必要がある。ただ、明日は試合に集中する。」

上のチームとのギャップを埋めるという意味では、監督はやるべきことがたくさんあることを把握している。

「まだまだ先は長いし、クラブとして現実的に考えなければならない」と語った。「リバプールとマンチェスター ・ シティは、ハードワーク、素晴らしい選手、素晴らしいコーチングを介してのみ達成できるチームの一貫性を示している。」

「我々は違うポイントにいるので、それを尊重して、そこに向かって努力しなければならない。いくつかの強力な目標を持っていなければならないし、その差を縮めたいと思っている。」

カラム・ハドソン=オドイの最近のパフォーマンスについても言及

「カラムのことは何度も話したが、彼は高いレベルでトレーニングを続ける必要がある。彼が出場した2試合では、良い影響を与えていたし、それを続ける必要がある。」

「彼は才能と可能性を秘めた若い選手であり、その可能性が発揮されるのを見たい」

ランパードは移籍の噂については話したがらなかったが、新たに入ってきた選手たちに将来のビジョンをどのように伝えてきたかを説明した。

「このクラブで働くなら、自分の持っているグループの中から最高のものを引き出したいし、選手の加入を検討していて、彼らと話す機会があれば、ビジョンやクラブに何を求めているのかを話したいだけだ。」

「機会があれば、情熱と気持ちを持って、自分が何をしたいのかを考えて、それを実現したいと思っています。私はプレイヤーであることを覚えているし、様々な監督や関係者の人々とそのような会話をしたことを覚えているし、それは重要なことだ。」

「選手としては、どこかに向かっているチームに参加したいと思うだろうし、それが私が選手と話す機会を得た選手や自分の選手と話す唯一の方法だ。私たちは皆、チェルシーでプレーするというビジョンとアイデアが本当にポジティブなものであると感じなければならないし、私の仕事はそれを言うことでもある。」

チャンピオンズリーグ出場権獲得の運命は、あと5日で決まるが、ランパードはそれがシーズン開幕時からの最優先事項であることを認めた。

「シーズン開始時の一番の目標だったと言わざるを得ない。なぜならスタート時に目の前にある目標の中で、最も一貫性を発揮しなければならないものだからです。すなわち本当のトップチームのみが獲得できる。」

「それはクラブとして我々がどこにいるかの尺度であり、チャンピオンズリーグに残りたいという威信に関わるものだ。チェルシーでは過去10年、15年の間、それを果たしてきた。今年はおそらく、そこに入るための最も試練の多いシーズンだったと思う。」

「来年はヨーロッパリーグに挑戦するということか?そうではない、ただ、もしそこにたどり着けたとしても、理想との差をどうやって埋めていくかを考えなければならない。」


リヴァプールvsチェルシーのスタッツで過去の対戦やデータを見る

チェルシーからその他