ニュース

ランパード 『ビッグプレーヤー』プリシッチのコンディションについて語る

クリスティアン・プリシッチとエデン・アザールの比較について、フランク・ランパードが質問に答えるのはもちろん初めてのことではない。

チェルシーの年間最優秀選手賞を4度獲得したアザールは、先シーズンレアルマドリードに移籍し、代わってプリシッチが今シーズン同じポジションに入った。そのため、彼らのパフォーマンスを比較するのは当然のことであり、昨日の試合でタミー・エイブラハムのゴールを演出し、4-3となるゴールを決めたことにより、さらに議論は白熱するのである。アンフィールドでのアザールの素晴らしいプレーを覚えているファンも多いだろう。

プリシッチは、スタンフォードブリッジでのノリッチ戦で軽傷を負い、ここ2試合はベンチ入りしていたが、後半には交代出場した。彼について訊かれたランパードは、次のように答える。

「非常に重要な選手だ。」

「彼は試合を変える能力を持っている。エデンもプレミアリーグ一年目は苦労していた。彼にとっても順応する時間が必要だったんだ。」

「クリスティアンも苦労した部分はあるけど、シーズン中盤に調子を取り戻し、シーズン再開後は素晴らしいプレーを見せている。FAカップ準決勝には出場できなかったのは、ノリッチ戦の怪我があったからだ。リヴァプール戦では途中出場してから40分間自信を持ってプレーし、高いクォリティーを発揮した。」

「彼はまだ非常に若く、才能あふれる選手だ。ゴールを演出できるし自分で決めることもできる。」と付け足すランパード。

「チームにとって彼はビッグプレーヤーだ。彼が復調したのはチームにとって素晴らしいこと。今シーズンの試合も残りあと少しになるけど、このまま活躍し続けて欲しい。」

f記事:ランパード—チームを信じている

チェルシーからその他