分析

ファンがいればもっと良かったと語り、さらにペドロに感謝の意を伝えるランパード

チームが来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、今季初めてチェルシーの監督としてシーズンを過ごしたフランク・ランパードの口から「喜び」という言葉がこぼれる。

そして各選手に送るもう一つの言葉が「誇り」である。しかし、彼の中には一つの葛藤、つまりこの瞬間を無観客で迎えたということがあった。

前半ロスタイムの2得点によりウルブスを下し、プレミアリーグを4位で終えたチェルシー。シーズン中長い間この順位をキープした。マンチェスター・ユナイテッドはレスター相手に勝利し、得失点差で3位となった。

「ファンがここにいないのは残念だ。今シーズン一緒に戦い、彼らのおかげでトップ4入りを果たせた。クラブの監督として、この瞬間を不調の時期もずっとサポートしてくれていたファンのみんなと共に過ごしたかった。トップ4入りができたのは彼らのおかげだ。またここに戻ってきてくれることを楽しみにしている。」

今日のゴールはメイソン・マウントのフリーキック、そして彼のアシストからまたもオリヴィエ・ジルーが決めた。

「彼はさらに成長するだろう。」とマウントについて語るランパード。「彼はまだ若いし、活躍してからチームに長くいると、実際よりも年をとって見えるんだ。」

「彼はまだ若くて、彼の今日のFKでのテクニックは素晴らしいものだった。トッププレイヤーにしかできないフリーキックだったし、シーズン中オールラウンダーとして輝きを見せた。毎日の練習や日々の過ごし方も素晴らしいし、これからもっと成長するだろう。チームに大きく貢献したし、チェルシーでのマウントのキャリアは始まったばかりだ。」
 

「チャンピオンシップへのレンタルから帰ってきた選手やジルー、ウィリアン、コヴァチッチ、ジョルジーニョなど多くの選手が目標達成に貢献した。チーム全体の努力が実を結んだと思うし、スタッフや選手に感謝したい。」

end.ランパードはシーズン終了後にチームを退団するペドロに関してもコメントを残した。

「ペドロについて話したい。彼にとって今日の試合はチェルシーでの最後の試合だった。他の選手みんなが彼との別れを惜しんでいた。彼自身のキャリア、そしてチェルシーでのキャリアを含め、彼に歌を贈ったんだ。彼のチェルシーでの活躍ぶりは目を見張るものがあった。本当にありがとうと言いたいし、今後のキャリアについても頑張ってほしいと思う。まだ試合が残っているけど、彼の様なビッグプレーヤーがチームを去ることは、チームにとって特別な瞬間なんだ。」

チェルシーからその他