ニュース

メディアウォッチ:ゾラ、「若手選手は新しい挑戦を」、ウィリアム王子がチェルシーの価値と倫理観について語る、デンバ・バがあのゴールを振り返る

チェルシー関連の最新情報:ジャンフランコ・ゾラが才能豊かなチームメイトから学ぶことについて語り、ウィリアム王子はチェルシーが若いファンにとっての模範になると発言した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ゾラ、若手は更なる挑戦を

チェルシーのレジェンド、ジャンフランコ・ゾラはDaily Mailに対して若い選手たちはビッグプレーヤー加入を更なる成長のチャンスと捉えるべきだと語った。

ゾラはナポリ時代にディエゴ・マラドーナと共にプレーした自分自身の経験から、若手選手はビッグプレーヤーとトレーニングや試合を重ねることで多くを学べると言う。

「ディエゴ・マラドーナとの出会いがなければ自分のキャリアは全く違うものになっていただろう」と語るゾラ。

「彼は自分のプレー全てに大きな影響を与えた。彼との毎日の練習や試合がなければ今のジャンフランコ・ゾラはいなかった。」

「ジョン・テリーはチェルシーにマルセル・デサイーやフランク・ルブーフがいなかったら全く別の選手になっていただろう。」

「平凡なリーグで毎試合プレーしても良くはならない。レベルの高いリーグで10試合するだけで多くのことが学べるんだ。自分自身やセルヒオ・アグエロ、ケヴィン・デ・ブライネなどがいるプレミアリーグの試合は非常にハイレベルだ。」

「そこでプレーするためには彼らのように良い選手にならなくてはならない。もしそこで通用するなら、それは良い選手であることを意味するんだ。」


ウィリアム王子、チェルシーの価値を称賛

ウィリアム王子はフランク・ランパード監督率いるチェルシーの価値観を称賛し、クラブは若いファンにとって良いお手本になっていると語った、と Evening Standardが報じている。

ケンブリッジ公爵はアストンヴィラのファンだが、BBCラジオ5の「ザット・ピーター・クラウチ・ポッドキャスト」で、息子のジョージ王子は自由に応援するチームを決めてよい、そして、チェルシーに対して好印象を持っているため、彼がブルースを応援することに何の問題もないと語った。

「チェルシーの価値観や倫理観が好きだ。選手たちを大事にして、若いファンに良い手本を示してほしい。」

「自分の子供たちには試合を楽しんでほしいし、選手たちにはお手本となるような振る舞いを見せてほしい」と王子は語った。


デンバ・バが準々決勝でのゴールを振り返る

デンバ・バは FourFourTwo のインタビューで、2014年にチェルシーのチャンピオンズリーグ準決勝進出を決めたパリ・サンジェルマン戦のゴールを振り返った。彼は、そのシーズンの終わりにはスタンフォードブリッジを去ることを決意していた。

デンバ・バは、2013/14シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督の下でレギュラーとしてプレーできなかったことに不満を持っていたことを認めているが、プレーするチャンスを得た時には、そのネガティブな気持ちを一転させて大活躍を見せた。

「パリで幼少時代を貧困の中で育ち、チェルシーをチャンピオンズリーグ準決勝に導いたゴールを決めたことは、自分にとって大きな達成感があった。

「試合に出られないことを自分なりに消化する必要があった。しかし、試合に出ている選手と一緒に過ごすことは苦痛だったんだ。」

「そのシーズンの終わり近くに、不平不満を言うのをやめて、シーズンが終わるまで頑張って、次のステップに進もうと決めた。不満を言うのをやめたら、得点できるようになったし、出場数も増えたんだ。」と語るデンバ・バ

彼によると、チェルシーは2014/15シーズンに向けて残留を求めたが、彼は移籍を決意し、トルコのベシクタスに移籍したという。

「シーズン終了後、モウリーニョと話したことを覚えている。でも、もうチェルシーを出て行くことを決めていたんだ」と彼は付け加えた。

チェルシーからその他