マッチプレビュー

FAカップ決勝PRE-MATCH BRIEFING:チェルシーvsアーセナル

今回はウェンブリー通りを歩くことはないが、今シーズン最後の国内大会の勝者を決めるロンドンダービーが行われるため、この試合には当然多くの人の注目が集まる。クラブの歴史に精通するリック・グランヴィルとデータ収集家ポール・ダットンがFAカップ決勝戦に向けて様々なデータや考察を紹介する。

来シーズンのCL出場権を獲得しヨーロッパのエリートクラブとしての地位を確保してから1週間後、チェルシーは1970年のサッカー史に残るFAカップの成功から50周年を記念するチャンスを得た。土曜日の夜には、チェルシーがもう一つの栄誉をクラブの歴史に刻むか、敗北の苦みを味わうかが決まる。

ロンドンで最も長く続いているライバル同士の対決となるチェルシー対アーセナルは、アーセナル対リヴァプール、アーセナル対ニューカッスル、アストンヴィラ対ウェストブロム、チェルシー対マンUと並んで、この伝統あるFAカップ決勝戦で最も多い組み合わせとなる。第139回FAカップ決勝がチェルシーにとって14回目の決勝となるが、ブルーズは1872年以降に開催された全ての大会で、10回に1回以上出場していることになる。勝利すれば、スタンフォードブリッジに9つ目のトロフィーがもたらされることになる。

チェルシーはここ10回のアーセナルとの対戦で3勝5引き分けと優位に立っている。リーグ戦では終盤のゴールで勝ち点を1または2ポイント奪われているが、今回は攻撃力に優れたチームが勝利を手にするかもしれない。両チームとも今シーズンは素晴らしい攻撃力を発揮している。

アーセナル 1-2 チェルシー (A) | プレミアリーグ・ハイライト

2018年にFAカップを手にしたチェルシーに勝利への貪欲さは欠けていないだろう。元アーセナルのオリヴィエ・ジルーは以下のように語る。「トップ4に入るために苦労したし、体力的にも厳しかった。だけど、トロフィーを掲げたことのない若手選手がたくさんいるし、ベテラン陣も満足することなく勝利だけを考えている。」

ランパード自身も、2008年ハリー・レドナップがポーツマスを優勝に導いて以来初めてチーム生え抜きの監督としてトロフィーを手にしたいところだ。

1997年以降のFAカップ優勝回数

チェルシー7
アーセナル7
マンチェスターU3
マンチェスターC2
リヴァプール2
ウィガン1
ポーツマス1
 

チェルシーは、今世紀に入ってから最も多くのFAカップ決勝戦出場経験(今シーズンを含め9度目の決勝で6度優勝)を持つチームである。

photo of 主なスタッツ 主なスタッツ


3バックか4バックか

両チームとも決勝戦は同じ布陣で臨む可能性がある。マンチェスター・ユナイテッドは、3-4-3のフォーメーションで準決勝に臨んだフランク・ランパードの戦術的センスに翻弄され、19試合無敗に終止符を打った。

FAカップではよく見られることだが、対戦相手はブルーズの攻撃力を抑えることができず、メイソン・マウント、ウィリアン、マテオ・コヴァチッチの精力的なプレッシングに、ボールを奪われてしまう。

アーセナルとのリーグ戦、まずアウェイでは3バックから4バックに戻し0-1から2-1と逆転勝利を収めたが、ホームでは4-3-3のままで2-2と引き分けた。その後、ミケル・アルテタは3-4-3に変更し、リヴァプールとマンチェスター・シティに大勝を収めている。

チェルシーがこの布陣を選択した理由の一つに、MFエンゴロ・カンテの負傷欠場があるが、彼は今週末には復帰する可能性がある。

アーセナルは、先週末ワトフォードのFWトロイ・ディーニーに守備を撃ち抜かれたが、好調のオリヴィエ・ジルーを警戒する理由はそれだけではない。ジルーは11試合で8ゴール決めており、それには先週末にはブルーズの今季100ゴール目も含まれる。
 

先週末ゴールを決めたオリヴィエ・ジルー

ウィングバックのセサル・アスピリクエタは7シーズン目を迎え、2017/2018シーズンのアシストとゴール数(2)に並ぶ活躍を見せている。彼のパスのうち71本が枠内へのシュートに結びついており、チームでは98本のウィリアンに次ぐ2位の成績である。

ウルブス戦でジルーの得点をお膳立てしたメイソン・マウントは、チェルシーアカデミー時代から評判の高かったフリーキックの技術を見せ、これは今シーズンチェルシーにとってフリーキックから直接入れた2つ目のゴールとなる。
 

ユナイテッドとウルブス戦で起用されたアカデミー卒業生はマウント以外に4人、エイブラハム、カラム・ハドソン=オドイ、リース・ジェイムズ、そしてルベン・ロフタス=チークがいる。交代枠が増えたことによって、ブルーズが下部からの選手を決勝で起用する可能性は非常に高い。下部選手起用の最多記録は1967年の6人、2位は1970年の5人となっている。


アーセナルのシーズン

ミケル・アルテタは今シーズンの3人目の監督としてアーセナルを率い、勝率は最も高く55%である。ウナイ・エメリは11月に解任されるまで31%、フレドリック・ユングベリは20%となっている。

元マンCアシスタントのアルテタは、チェルシー相手にヘッドコーチとしての2試合目で初の黒星を喫し、その後勝ち点を伸ばしたが、1995年の12位(グレン・ホドル率いる新興ブルーズの下)以来の最悪の順位となってしまった。アーセナルはこの決勝を落とせば、久しぶりに欧州サッカーの舞台を失うことになる。

今シーズントップ6チーム(チェルシー、リヴァプール、マンU、マンCとトッテナム)の直接対決で、アーセナルは10試合中2勝5敗という成績を残している。問題を抱えながらもリヴァプールに勝利し、カップ準決勝でシティを破ったことは称賛に値する。メスト・エジルはリーグ再開後一度も起用されておらず、マテオ・ゲンドゥージはブライトン戦で退場処分を受けてから出場機会がない。

更に元ブルーズのダヴィド・ルイスは今シーズン5つのPKを与えており、リーグワーストとなっている。その一つがホームでのタミー・エイブラハムへのファールで、今週末VARを担当するスチュアート・アトウェルによりペナルティーが与えられた。

元ブルーズのダヴィド・ルイスは直近のチェルシー戦で低調なパフォーマンスを見せた

ダヴィド・ルイスとロブ・ホールディングは両方とも3バックで起用されることが多いが、アルテタがルイスのパートナーとして好むシュコドラン・ムスタフィは負傷しており、シーズン再開後起用されていないソクラティスが出場する可能性がある。

しかしアーセナルの攻撃陣、特にチーム得点王のピエール=エメリク・オーバメヤンは要注意だ。守備を下げカウンターで攻撃することでペップ・グアルディオラを破ったアルテタは、同じ戦術をつかうかもしれない。


もう一つのビッグチャンス

チェルシーとアーセナルが決勝で顔を合わせるのは4年で3度目となり、総対戦数は201となる。

2017年のFAカップ決勝戦では、ブルーズはプレミアリーグ5度目の優勝を成し遂げたばかりで、リーグ戦とカップ戦のダブルを達成するチャンスだった。しかし、アントニオ・コンテ率いるチームは調子が悪く、退場者を出し1-2で敗れた。今日では、おそらくアレクシス・サンチェスの先制点はVARによってハンド(そしておそらくオフサイド)の判定となっていただろう。

昨シーズン、両チームはヨーロッパリーグ決勝のためバクーで再会したが、多くの人にとっては今週末のように試合をスタジアムで観戦することはほぼ不可能だった。ブルーズはジルーのヘディングシュートで元ブルーズのペトル・チェフを破り、結果4-1で快勝した。

ペドロが絶妙なプレーから2点を挙げ、ブルーズでの最後の試合となったエデン・ハザードも得点を決めた。アレックス・イウォビの得点がアーセナルにとってせめてもの慰めとなった。
 

90 IN 90 | ヨーロッパリーグ優勝!

今シーズンのFAカップでは準決勝でマンチェスター勢が敗れ去り、決勝は1967年から数えると11回目のロンドンダービーとなる。チェルシーは過去10大会中7回決勝に進出している。

チェルシー4アーセナル1ヨロッパリーグ2017/18
アーセナル2チェルシー1FAカップ2016/17
チェルシー2トッテナム0リーグカップ2014/15
トッテナム2チェルシー1リーグカップ2007/08
チェルシー2アーセナル1リーグカップ2006/07
アーセナル2チェルシー0FAカップ2001/02
トッテナム1QPR 0FAカップ(r)1981/82
ウェストハム1アーセナル0FAカップ1979/80
ウェストハム2フラム0FAカップ1974/75
トッテナム2 チェルシー1FAカップ1966/67

いつもと異なる決勝

いろんな意味で特別なものとなる今回のFAカップ決勝。「It's A Cup Final Knockout」やスカーフを身に着けた漫画家によるピッチサイドでの選手とのやりとりはもう長年行われていないが、パンデミックの措置のため、事前に両チームがVIPに挨拶をすることも、ロイヤルボックスへの勝者のマーチ、そして、ファンが入れないことから、彼らと共に勝利に酔いながら歌うこともない。数十年ぶりとなるこの組み合わせでも、ロンドンのライバルとしてのサポーター同士の戦いを見ることはできない。

チェルシーとアーセナルは、1928年にシャツに番号を付ける試みを始め、人々の生活を改善するための基金に資金を提供するなど、一貫してサッカーの変革の先頭に立ってきた。

ヘッズアップFAカップファイナルと名づけられたのには、それなりの理由がある。FAと精神衛生問題を扱う慈善団体ヘッズ・トゥギャザーとのパートナーシップで、より健康的な環境を築くために議論を続け、困難な時期に助けを求めることに対する偏見を取り除くのが目的だ。

いくつかの慣習は今週末も行われる。試合前の「Abide With Me」はエメリ・サンデが斉唱する。これはピッチからではなくスタジアムの屋上で事前に録音されたもので、ブリティッシュ・ユース・オペラが神聖な芝生の上で国歌を合唱する。

ファンのコーラス団が2018年決勝でABIDE WITH MEを歌った

ブルーズがマン・ユナイテッドに3-1で勝利した準決勝のBBC Oneの視聴者数は730万人に達した。イギリスでは同チャンネルとBT Sport 1が決勝戦を放送する。世界の他の地域のサポーターは、 ここで決勝を放送するチャンネル(プラットフォーム)を確認することができる。

勝っても負けても、ファンは試合前、試合中、試合後ウェンブリースタジアムエリアに近づくことができない。無観客試合になるにもかかわらず、カップ決勝戦のプログラムは現在も制作中で、金曜からStamford Bridge Megastoreにて数量限定で販売されている。

 

選手・監督のダブル

土曜日の試合の結果、2人の監督のうちの1人は、同じクラブで選手と監督としてこのトロフィーを獲得することとなる。稀に見るダブルを果たしたのは、チェルシーの監督を務めた2人、2000年のジャンルカ・ヴィアリと2012年のロビー・ディ・マッテオだ。
 

Winning FA Cup as player and coach with same club
ジャンルカ・ヴィアリ(チェルシー)1996/971999/00
ロベルト・ディ・マッテオ(チェルシー)1996/972011/12
ジョージ・グラハム(アーセナル)1970/711992/93
ケニー・ダルグリッシュ(リヴァプール)1985/861988/89
テリー・ベナブルズ(トッテナム)1966/671990/91
スタン・シーモア(ニューカッスル)1923/241950/51

フランク・ランパードは選手として4回FAカップ優勝を果たしており、グレン・ホドル、ルード・フリット、フース・ヒディンク、カルロ・アンチェロッティ、ロベルト・ディ・マッテオ、アントニオ・コンテに続き、デビューとなるシーズンで決勝に進出した7人目の監督となる。8人の監督がブルーズでカップのトロフィーを掲げている。

2009年のFAカップで優勝を遂げたフース・ヒディング、フランク・ランパード、そしてその他の選手


過去のジンクス

今シーズンは、縁起の良い相手との対戦が続くというパターンが続いている。過去のラウンドで対戦したチームはすべて、チェルシーがトロフィーを奪取するまでにすでに2回以上の敗北を喫している。ノッティンガム・フォレスト(1999/00、2006/07)、ハル・シティ(1999/00、2017/18年)、リヴァプール(1996/97、2011/12)、レスター(1996/97、1999/00、2011/12、2017/18)、マンチェスター・ユナイテッド(2006/07、2017/18年決勝)だ。これまでのところ、チェルシーはFAカップ優勝への道のりでアーセナルを破ったのは2009年の準決勝の1回だけで、土曜日に勝つと2回目となる。


主審は二度目となるテイラー

決勝戦のレフェリーは通常、キャリア中一度きりのものとなる。しかし、FAはパンデミック対策が行われている中で、一度限りのチャンスを誰かに与えるのは不公平だし、その結果、2017年に主審を務めたアンソニー・テイラーが再度笛を吹くことが決まった。前回は不可解な決断もあったが、今回はVARの恩恵を受けることができるだろう。

ウェンブリースタジアムでの準決勝

チェルシーはマンチェスター・ユナイテッドとの9回目の対戦で5勝目を挙げた。今回のFAカップ決勝は、ウェンブリーでのチェルシー対アーセナル5試合目となり、97年の歴史の中5位タイとなる。
 

ウェンブリーでの試合が最も多い対戦(全大会合計)
1チェルシーvsマンU9 回
2チェルシーvsトッテナム8
3リヴァプールvs エヴァートン6
4リヴァプールvsマンU6
5エヴァートンvsマンU5
6リヴァプールvsアーセナル5
7トッテナムvsアーセナル5
8チェルシーvsアーセナル4
9チェルシーvsマンC4
10マンC vsアーセナル4

決勝戦の規則

この試合では5人(延長戦になった場合は6人)の交代が認められており、途中クーリングブレイクが設けられている。ビデオアシスタントレフリーが、いつも通り重要なプレーをビデオ判定する。

 前後半終了時にスコアが同点になった場合は、15分間のハーフタイムが前後半行われ、それでも決着がつかない場合ペナルティキックが行われる。チェルシーとアーセナルは過去5回のPK戦のうち3回で勝利しているが、ガナーズは前回のカラバオカップでリヴァプールに敗れている。

この試合の勝者は、8月29日(土)にウェンブリーで開催されるコミュニティシールドでリーグ王者リヴァプールと対戦することになる。

 

FA杯

このトロフィー自体は、1872年以来、サッカー協会のチャレンジカップ大会のために作られた5つ目のトロフィーとなる。最初のものは盗まれて溶けてしまい、次の3つは「引退」している。

現在のカップは、2014年にFAと王室の銀細工師トーマス・ライテによってスターリング925シルバーで製作されたものである。今回は従来の方法ではなく、セルフサービスの銀食器のように、優勝チームがテーブルからメダル同様に受け取ることになる。優勝したクラブには、オリジナルのトロフィーが2021年3月1日まで貸し出される。

 

決勝用のユニフォーム

チェルシーのユニフォームには、1970年のFAカップでリーズ・ユナイテッドを再試合で破ったことを記念して、「Wembley 2020」の文字が刺繍されている。バッジの下に50年前のスタイルで「Wembley 2020」の文字がシンプルなリボンの巻物に刺繍されている。

 

一方、オールド・トラフォードでFAカップを制したロン・チョッパー・ハリスは、当日午前11時(日本時間午後7時)からレジェンドのスタジアムツアーの一環として、ブリッジで人気の高い様々な逸話を披露する。また、フランク・ランパードのスパイクやジョン・テリーの2004/05シーズン着用ユニフォームなどが展示されている。最近付加価値税(VAT)が引き下げられたことにより、料金は以前よりも安くなっている。

この試合に注目するスパーズとウルブス

もちろん、アーセナルはこの決勝で勝利することによって欧州への希望を繋げることができる。一方他のクラブは、ブルーズはすでにチャンピオンズリーグに進出しているため、チェルシーがFAカップを制覇することでヨーロッパリーグへの参加権を得ることができる。5位のレスターは影響を受けないが、トッテナムは現在、9月17日に2次予選ラウンドの1試合目があり、勝利した場合、更にその1週間後と2週間後に試合を行わなくてはならない。

チェルシーがFAカップ優勝を決めれば、直接グループステージに参加することになる。その場合トッテナムに代わって7位のウルブスがヨーロッパリーグのプレイオフに参加することとなる。

 

チェルシーからその他