ニュース

クリスティアン・プリシッチとペドロの負傷に関する更新情報

チェルシーのクリスティアン・プリシッチとペドロが、先週末FAカップ決勝アーセナル戦後の自身の怪我の状態をSNS上で更新した。

両者ともウェンブリーでは途中退場となった。プリシッチは後半開始すぐにハムストリングを負傷し、チェルシーでの最後の試合となったペドロは後半ロスタイムに肩を怪我した。

両者ともInstagramから怪我の状況を更新し、ペドロは肩の手術が無事成功したことを伝えた。

「手術は無事に終わった。すぐに復帰するよ。」とInstagramに投稿したペドロ。「FAカップは優勝できなくて残念だった。みんなのサポートに感謝している。」

フランク・ランパードはウルブス戦で勝利した後、プレミアリーグ、ヨーロッパリーグ、そしてFAカップで優勝したペドロが、5年目の今シーズンをもってチェルシーを退団することになる、と語った。

「今日はペドロに向けてチーム全員で歌を贈った。彼のキャリアは素晴らしいものだし、チームにも大きく貢献したから当然のことだろう。」とウルブス戦後に語るランパード。

「彼にとって最後のプレミアリーグでの試合となったけど、彼が今までチームに与えた影響は大きい。ペッズには感謝したいし、これからも頑張ってほしい。」

「彼は残りの試合ここにいるけど、ビッグプレーヤーがクラブを去る瞬間、そしてチームの団結力は特別なものだった。」

一方先週末ガナーズ戦で先制点を挙げたプリシッチも、Instagramで彼の怪我に関してコメントし、「すぐに戻ってくる」とファンに語った。

「みんなベストを尽くしたけど、勝つことができなかった。ファンのみんなにはありがとうと言いたい。すぐに戻ってくるよ。」と投稿した。

プリシッチは土曜夜のチャンピオンズリーグ、バイエルン・ミュンヘン戦を欠場する見込みだ。ランパードは彼の怪我の状態について金曜日の前日記者会見で話すとみられる。

チェルシーからその他