クラブパートナー

キャドバリーを子会社に持つアメリカの食品大手モンデリーズ・インターナショナルグループとの新規グローバルパートナーシップ締結

新しいブランド契約により英国のビジネスをサポート

チェルシーフットボールクラブとキャドバリーのオーナーであるモンデリーズ・インターナショナルは本日、英国で人気のチョコレートブランドであるキャドバリーをクラブの公式スナックパートナーとするグローバル・パートナーシップを発表しました。

当然のことながら、キャドバリーは、今後数ヶ月、そして数シーズンにわたって、チェルシーファンに向けた一連の活動を通じて、クラブとファンの交流をより深めていく意向です。さらに、このパートナーシップでは、20/21シーズン以降もチェルシーの「エッジ・オブ・ザ・ボックス・クラブ」に協賛することで、起業家や中小企業を支援することにより注力していきます。サッカー業界におけるこのユニークなプログラムは、中小企業やスタートアップ企業、起業家に必要とされるスキルトレーニングや知識、人脈を提供することで、ベンチャー企業を支援します。

キャドバリーはまず、ブランドマーケティング、販売、企業戦略のインサイト、分析力を学ぶための3つのウェビナーを通じて、その専門知識を共有し、特にパンデミックという困難な状況下における事業の成功に欠かせない、重要な分野のしっかりとした土台となる基礎知識を提供します。英国の経済回復において、新規事業や中小企業が重要な役割を果たす中、キャドバリーは、この取り組みを中心にチェルシーフットボールクラブとのコラボレーションを構築し、知識や経験を共有することで、より多くの企業を支援することを目指します。

このような形でのパートナーシップは、人々を繋ぎ、幸せな瞬間を創りそれを分かち合い、地域社会を尊重し支援するという、チェルシーとキャドバリー2社の共通の価値観によって生まれた結晶です。

チェルシーの最高経営責任者であるガイ・ローレンスは、「チェルシーは、世界有数の企業との提携を誇りとしており、キャドバリーとの新たな提携を発表できることを大変嬉しく思っています。キャドバリーと緊密に協力して、このパートナーシップが世界中のチェルシーファンにとって有益なものとなり、そしてチェルシー財団の取り組みを支援することで地域社会にも還元していきたいと考えています」と述べています。

キャドバリーのグローバル・ブランド・ディレクターであるサマンサ・グリーンウッドは、「スタートアップ企業や起業家は、この国の経済回復に欠かせない存在です。小規模企業や新興企業を支援するためのプラットフォームを以前から長年にわたって持つチェルシーFCと提携することで、私たちはその特権的な立場を利用して発展途上のビジネスを支援できることを楽しみにしています。」と付け加えます。

チェルシーからその他