ニュース

メイソン・マウントがFIFA 21 NEXTの次期アンバサダーに決定

メイソン・マウントは、プレミアリーグの新進気鋭のスター選手の一人として、FIFA 21 NEXTのアンバサダーに選出された。

FIFA Nextは、"Win as One "を体現するサッカー界のフレッシュな選手を集めて選出されたリストです。

マウントはスタンフォードブリッジで結果を残し、51試合に出場するなど、大ブレイクしたシーズンとなった。明日のFAカップ決勝での勝利に貢献することで、トップチーム選手として初のタイトル獲得を目指している。

マウントは、熱心なFIFAのプレイヤーであり、ロックダウン中にプライベートで交友のあるデクラン・ライスに挑んだ時にも見られたように、フィル・フォーデン、スティーブン・バーグウィン、アーロン・コノリー、マンチェスター・シティ女子チームのジョージア・スタンウェイと並んでFIFA21NEXTのアンバサダーに選ばれた。先週、キリアン・ムバッペがFIFA21のカバースターに就任し、エルリング・ハーランド、トレント・アレクサンダー=アーノルド、ジョアン・フェリックスが新たにFIFAのアンバサダーに就任したことに続いて、本日の発表となった。 

詳しい情報はこちら

10月9日にリリースされる『FIFA 21』では、マウントの現在の評価が79となっているが、ブルーズで素晴らしいキャリアのスタートを切ったことで、マウントの評価は確実に上がるだろう。日曜日に行われたウルブズ戦ではゴールとアシストでそれぞれ8得点と6アシストを記録している。技術的な熟練度、前線からプレスをリードする意欲と知性、そしてランパードが絶賛した日々のトレーニングの姿勢など、彼が今シーズン、チェルシーのどの選手よりも多くのプレミアリーグの試合に出場している理由が挙げられる。

スタンフォードブリッジでのデビュー戦となったレスター・シティ戦でランパード監督指揮下の初ゴールを決め、その1週間後にはノリッチシティとの対戦で今季アウェイ初勝利を記録した。

9月にイングランド代表デビューを果たした若きスターは、今シーズンのユーロ2020予選で、6試合すべてに出場し、国際舞台でも成功を収めた。

チェルシーからその他