ニュース

フランク・ランパードが6日、故障者の最新情報を伝え、ウィリアンの契約について語った

ミュンヘンに到着して間もなく、フランク・ランパードは、選手の負傷状況やウィリアンの来季のチェルシー残留の見通しなどについて、詳細なニュースをメディアに伝えた。

ランパードがブルーズのシャツを着て最高の夜を過ごしたスタジアムで、明日のチャンピオンズリーグラウンド16、セカンドレグのバイエルン・ミュンヘン戦を楽しみにしていると、ランパードは南ドイツのホテルからビデオメッセージで語った。 

3人の選手が負傷離脱したカップ戦の敗戦から1週間後、ランパードはセザール・アスピリクエタ、ウィリアン、ペドロ、クリスティアン・プリシッチの欠場を確認したが、他の2人についてはもっとポジティブなニュースがあった。 

「クリスティアンについては6週間、アスピリクエタはそれほどひどくないといいが、3週間ほどの怪我になるだろう」とランパードは語った。

 「ペドロは回復へ進んでいるが、彼の怪我は6週間のものだと思っている。彼は週の初めに手術を受けた。ウィリアンのケガは改善しているが、この試合には間に合わない。」

 「ルーベン・ロフタス=チークはチームに戻っているし、カンテもメンバーに入っている。2人とも先発出場できる状態だ。」

プリシッチは、2020/21年の開幕戦欠場の可能性が高い

「シーズン開幕に向けてはタッチアンドゴーになるだろう。シーズン開幕に間に合わないかもしれないが、怪我の治療をしなければならない。」 

「クリスチャンが1年目のシーズンを振り返ったとき、彼のレベルアップには非常に満足しているはずだ。彼は自分のキャリアの中で最も多くのゴールとアシストを記録しているし、それはプレミアリーグでの最初のシーズンでのことだ。」

 「我々は彼を開幕戦を目指して、準備させるだろう。もし彼が最初の1、2試合を欠場したとしても、それがクリスティアンに火をつけさせ、リスタート後に彼が見せたようなハングリーさを期待している。」

1stレグの3-0を逆転できると本当に信じているのかと質問されたランパード

「私たちはできると信じている、そうでなければここにいるべきではない。私たちは信じなければならないし、もっと重要なのは選手たちが信じてこのゲームに挑まなければならないということだ。」 

「難題であることは間違いない。非常に厳しいものになるだろうが、その難題が大きな転機となり、有名な試合になったり、素晴らしい試合になったりする。」 

「そのように考えて試合に臨み、すべてを出し切り、自信を持ってプレーしなければならないし、それが選手たちに期待していることだ。ネガティブな意味での難しい試合だという態度ではなく、ポジティブな意味での試合にしなければならない」と語った。

ウィリアンの将来は未定とランパードが語った。

「ウィリアンは今のところ我々の選手であることに変わりはない。彼はケガをしていて、チームのため、全力でプレーしてくれるはずだったカップ戦の決勝戦と明日の試合が欠場となった。彼の怪我はリスタート後にも影響するだろう。」

彼は7シーズンもここにいて、成功したチームの大部分を担ってきた。今年私が入ってきたとき、クラブ全体に移行期の要素があったとき、ウィリアンは経験と質の面で私が頼りにしていた選手だった。」

「ウィリアンとの関係はとても密接だよ。もし彼が移籍しても、私は失望することはないよ。私は彼と一緒にプレーし、彼のコーチングをしてきたし、彼は素晴らしい男であり、素晴らしい選手だ。」 

「彼はチェルシーに対してそう感じるだろうし、クラブはこの件に関しても非常に良い対応をしてくれたので、誰にも否定的な態度を取ってほしくない。彼が移籍するのであれば、私は彼の健闘を祈りたいし、それが今の私たちの状況なのだ。」

チェルシーからその他