ニュース

マウントとプリシッチがプレミアリーグのヤング・プレイヤー・オブ・ザ・シーズン賞にノミネート

メイソン・マウントとクリスティアン・プリシッチのプレミアリーグ一年目での素晴らしいパフォーマンスが、ヤング・プレイヤー・オブ・ザ・シーズン賞にノミネートされた。

チェルシーのコンビは、2019/20年の新賞として、シーズン開始時に23歳以下の選手の中で最も成績の良かった選手に贈られる賞の8人の候補者の中に入っている。下のリンクから、マウントとプリシッチの二人に投票することができ、専門家のパネルからの投票と合わせて受賞者が決定する。

今シーズンのチェルシーで、7ゴールと5アシストを記録した21歳のマウントが、もっともリーグ戦での出場回数が多かった。(37試合)、ボールの外では、彼の戦術眼と絶え間ないプレスは、フランク・ランパードの戦術的セットアップの重要な要素であり、中盤を横断するだけでなく、脇やストライカーの後ろにも現れることで、彼の多才さを示した。

彼はスタンフォードブリッジでのデビュー戦、レスター戦でゴールを決め、ホームでの最終日のウルブズ戦ではフリーキックを決めた。このゴールでチームを来シーズンのチャンピオンズリーグへ導いた。 

プリシッチのブルーとしての最初のシーズンは、2020年の初めに怪我で中断されたが、ピッチにいる時は常に電撃のような存在であり、左サイドから流れ込んでくる常に脅威で、その走りとスピード、そしてポゼッションのスキルで相手守備陣を悩ませていた。

10月のバーンリー戦ではハットトリックを達成し、その後はワトフォードとクリスタルパレス戦でゴールを決めて3連勝を飾った。 同じく21歳のこのアメリカ人選手は再スタート後、アストンヴィラ、マンチェスター・シティ、クリスタルパレス、リヴァプールを相手にネットを揺らし、特にリーグの上位2チームを相手にしたゴールが目を引いた。彼はまた、スタンフォードブリッジでのデビュー戦で4アシストを記録している。

他の候補選手は以下の通り。メイソン・グリーンウッド、マーカス・ラッシュフォード、トレント・アレクサンダー=アーノルド、ジャック・グリーリッシュ、ディーン・ヘンダーソン、アンソニー・マルシャル。投票は8月10日(月)18時(英国時間)まで、タグ・ホイヤーのウェブサイトで行われます。 

チェルシーからその他