ニュース

メディアウォッチ:アンパドゥがレンタル移籍か、ハドソン=オドイがチャリティーゲームに出場、プリシッチが少年時代の写真を公開

チェルシー関連の最新情報:イーサン・アンパドゥがまたもやレンタル移籍か、カラム・ハドソン=オドイがチャリティーゲームに出場、プリシッチの少年時代の写真がTwitter上で話題に

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

アンパドゥがプレミア昇格チームに移籍か

イーサン・アンパドゥは西ロンドンの「ご近所」フラムにレンタル移籍する可能性がある、とExpress,が報じている。

アンパドゥは昨シーズン、ブンデスリーガのRBライプツィヒでプレーしたが、Expressによるとフランク・ランパードは来シーズンも彼をレンタル放出する意思があるという。

報道によると、チェルシーはイーサン・アンパドゥに経験を積ませたいが、今回の移籍先はプレミアリーグ・フラムになる可能性がある。

「チェルシーは、2019/2020シーズンをブンデスリーガのRBライプツィヒで過ごしたイーサン・アンパドゥを新規昇格したフラムにレンタル放出する考えだ。」

「フランク・ランパード監督はアンパドゥのことを気に入っているが、守備陣も中盤も層が厚いため、来シーズンチェルシーで出場できる機会は少ないだろう。」

「更に、フラムに移籍することで、ランパードは近くからアンパドゥの成長を見ることができる。」

Athleticも同様にアンパドゥがフラムに加入すると報じており、プレミアに昇格したチームがノリッチとの競争に勝つと予想している。

ハドソン=オドイがサンデーリーグに参戦

The Sunの報道によると、カラム・ハドソン=オドイは今週末ナイフによる犯罪に対するキャンペーンの一部として行われたロンドン・サンデーリーグの試合に出場した。

ハドソン=オドイは先週末のチャンピオンズリーグ、バイエルン・ミュンヘンとの試合後、ドイツから帰国し、クロイドンで行われたサハFCとランベスオールスターズとの試合に参加した。

The Sunによると、カラム・ハドソン=オドイはドイツで行われたチャンピオンズリーグのバイエルン戦からわずか12時間後にサンデーリーグに登場し、観客を驚かせたという。

「ハドソン=オドイはバイエルン・ミュンヘン戦で4-1と敗れてからすぐに帰国し、サハFC対ランベスオールスターズFCとの試合に参加した。」

「試合はナイフによる犯罪とBlack Lives Matterのイベントの一部として、南ロンドン・クロイドンで開催された。しかし英代表で既に3試合出場経験のある19歳のハドソン=オドイが出場したにもかかわらず、サハFCは5-3で試合に敗れた。」

「観客の一人は、『誰もが彼に気づいた。みんなと話していたし、サハFCの選手とも知り合いだったから出場したんだろう。みんなが目を疑っていたよ。』と語った。彼は疲れているようには見えなかった。イベントに参加して満足そうだった。」

「相手チームのランベスオールスターズは、『カラム・ハドソン=オドイ、て今日の試合に来て、ナイフによる犯罪に対するBLMコミュニティのイベントをサポートしてくれてありがとう。』とツイートした。」

「土曜の夜、ハドソン=オドイはミュンヘンのアリアンツ・アレーナで行われたバイエルン戦にフルタイム出場し、試合が終わったのは午後9時45分だった。翌日午前10時半には11番の背番号がつけられたサハFCのユニフォームを着てセルハースト・アリーナの4Gグラウンドで行われたクロイドン・ミュニシパル・サンデー・フットボール・アダルト・リーグのプレシーズン親善試合に出場していた。」

プリシッチが少年時代の驚きの写真を公開!

The Sunは更にクリスティアン・プリシッチの少年時代の写真にも触れ、チェルシーの公式SNSは週末、彼が11歳の時にクラブを訪れ、マウントと出会っていたことを伝えた。

プリシッチとマウントは共にプレミアリーグ最優秀若手選手賞にノミネートされている(ここから投票可能)。しかし、彼らがこの写真を撮ったのはだいぶ昔のようだ。2010年にチェルシーの練習場を訪れたプリシッチは、チーム下部に所属していたマウントと写真撮影をしている。

チェルシーがクリスティアン・プリシッチとメイソン・マウントの少年時代の写真を公開した、と同紙は報じた。

 「写真は2010年にブルーズのコブハム練習場で撮られたもので、両者とも11歳のときだった。」

「英代表マウントは6歳のころからチェルシー期待の選手で、今シーズン初めてトップチームに参加した。」

「一方、アメリカ人のプリシッチはアンチェロッティ監督時代のブルーズに見学に来ていただけだった。そしてようやく昨夏ボルシア・ドルトムントから5800万ポンドでチェルシーに戻った。」

「その後二人はランパード監督の元素晴らしい活躍を見せる。チェルシーの攻撃を担うこととなった二人は、共にプレミアリーグ最優秀若手選手賞にノミネートされている。」

チェルシーからその他