ニュース

メディアウォッチ:元同僚がヴェルナーには時間が必要だと語る、ブルーズ、またもやアヤックス選手獲得か、ロベール・ピレスが最も強敵だったライバルに元チェルシー選手を挙げる

チェルシー関連の最新情報:RBライプツィヒ時代のティモ・ヴェルナーの元同僚が彼のプレミアデビューについて語る、ブルーズはアヤックスでハキム・ツィエクとプレーしたDF獲得に動いていると伝えられた。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ヴェルナーにはチェルシーに馴染む時間が必要だと語るポウルセン

Goal.comの報道によると、RBライプツィヒのFWユスフ・ポウルセンは、ティモ・ヴェルナーがチェルシーで活躍することを確信する一方、プレミアリーグに慣れるには時間がかかるだろうと語った。

6月にチェルシーと契約したヴェルナーは、先月から来シーズンに向けてフランク・ランパードのもとコブハムでのトレーニングを開始した。

しかし、ポウルセンは9月のシーズン開幕となるプレミアリーグでヴェルナーが彼の能力を十分に発揮するには、少し時間が必要だと予想する。

Sport Informations Dienstのインタビューに応えたポウルセンは以下のように語った。

「ティモは今後数年間プレミアリーグで素晴らしい活躍をすると思う。もちろんその前に彼はチームメイトとリーグに慣れる必要がある。すぐに本領を発揮することは難しい。でもそれほど時間はかからないだろう。」

ヴェルナーは2019/2020シーズン、ブンデスリーガで28ゴール、8アシストと彼のキャリアで最も良い成績を残し、リーグを3位で終えたライプツィヒに大きく貢献した。


ブルーズ、タグリアフィコ獲得か

Sky Sportsによると、チェルシーはアヤックスの左SBニコラス・タグリアフィコの獲得に動いている。

報道によると、アルゼンチン代表のタグリアフィコはハキム・ツィエクに次いでアヤックスからスタンフォードブリッジに移籍する2人目の選手となる可能性がある。

「27歳のタグリアフィコは先シーズンアヤックスで38試合に出場し5ゴール5アシストを決めた。アヤックスとの契約は2022年までとなっている。タグリアフィコは2018年にインディペンデンテからアヤックスに移籍した。」 

「チェルシーは英国代表ベン・チルウェルが獲得できない場合、タグリアフィコに照準を移す可能性がある。」 

「チルウェルの移籍にあたって元々8000万ポンドを要求していたレスターは、その後若干態度を軟化させたと言われるが、チェルシー提示する額とは未だに大きな開きがある。」 

 

ピレス、テリーが最も難しい相手だったと告白

Goal.comの報道によると、元アーセナルのロベール・ピレスは、選手時代最も苦しめられた選手の一人にジョン・テリーを挙げた。

 

MOTDトップ10 Podcastで自身のキャリアについて語ったピレスは、プレミアリーグのフィジカルプレーとブルーズ、そしてマンUとのライバル関係について以下のように話した。

「プレミアリーグでは、ジョン・テリーとリオ・ファーディナンドが最も難しい相手だった。」

「チェルシーとマンUとの対戦は常に厳しいもので、テリーとファーディナンドはフィジカルが強くタフな相手だった。」

「フランスからプレミアリーグに来たため、最初は大変だった。アーセン・ベンゲルは『同じサッカーじゃない。もっとフィジカル面を鍛えないといけない』と言っていたよ。」

「最初の試合はサンダーランド戦だった。ベンチに座りながら、『おお、このサッカーは自分には合わない』と思ったよ。」

チェルシーからその他