ニュース

メディアウォッチ:ブルーズ、レギロン獲得に前進か、ライスがチェルシーレジェンドたちと会合、チャンピオンシップのクラブがブルーズのGKに触手

チェルシー関連の最新情報:ブルーズへの移籍が噂される2選手、ブルーズGKがチャンピオンシップのクラブへレンタル移籍か

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

チェルシー、レギロン獲得争いでリードか

スペインのAS紙の報道によると、スペインのセルヒオ・レギロンの獲得争いで来シーズンチャンピオンズリーグ出場権を獲得したチェルシーがアーセナルをリードしているとのことだ。

レギロンは今シーズン、レンタル先のセビーリャで大活躍を遂げたが、所属しているレアルマドリードは彼を必要としていないようだ。

「ベテランのマルセロと昨シーズンリヨンから4800万ユーロで獲得したフェルランド・メンディがいるため、23歳の左SBはジネディーヌ・ジダンの構想に入っていない」と報じるAS。

「セビーリャは彼のパフォーマンス(36試合出場、33試合スタメン、3ゴール4アシスト)を高評価しており、フレン・ロペテギ監督は彼に残留を求めている。しかしプレミアリーグのチームとの競争は厳しいものとなるだろう。マドリッドはパンデミックによる不況から財政難で、レギロン放出により2500万ユーロほどの収益を見込んでおり、セビーリャ残留は難しい。プレミアリーグがレギロンの新天地として相応しいように見える。チェルシーとアーセナルが彼の獲得に動いている。レギロンはチャンピオンズリーグでのプレーを望んでいるため、もちろんチェルシーへの移籍の可能性の方が高い。セビーリャのようなクラブを去る場合、スタンフォードブリッジでのチャンピオンズリーグは彼にとって大きな魅力であるだろう。」

ライスがチェルシーのレジェンドたちと会合

TalkSportの報道によると、デクラン・ライスがブルーズのレジェンド、ディディエ・ドログバやジョン・テリーと一緒にいる写真が公開されたことで、彼のチェルシー復帰が噂されている。

ライスは友人のメイソン・マウントとギリシャでヴァカンス中にドログバと写真を撮っている。

ウェストハムでプレーするライスはその後ポルトガルで休暇を過ごすテリーを訪れ、元チェルシー主将は彼との写真をInstagramで公開した。

テリーは画像に「最強のCBコンビ@Declan Rice。左CBは俺のもの!」とコメントした。

 「会えてよかったよ。素晴らしいプレーヤーでどんどん良くなっている。」

テリーの投稿を17万5千人がこう評価し、中には「代理人テリーによって21歳CBがチェルシー復帰」とコメントするユーザーもいた。

ライスは14歳のときアカデミーを出て、その後ウェストハムで確固たる地位を確立した。


バクスター、チャンピオンシップのクラブへレンタル移籍か

GKネイサン・バクスターは来季チャンピオンシップでプレーする可能性が高い。 Evening Standardは、ダービー・カウンティとバーミンガムシティが彼の獲得に動いていると報じた。

21歳のバクスターはメイソン・マウント、タミー・エイブラハム、そしてフィカヨ・トモリと共に2016年のFAユースカップで優勝したが、他の若手のようにブルーズで出場機会を得ることはなく、様々なチームにレンタルされている。

過去にはナショナルリーグのウォーキングとソーリハル・ムーアズでプレーし、2018/19シーズンはリーグ2のヨーヴィル・タウンに所属した。

先シーズンはスコットランドのロス・カウンティにレンタル移籍したが、肩の怪我のため2月に契約終了となった。

報道によると、バーミンガムとダービー、そしてサンダーランドがバクスターのレンタル移籍に興味を示しているという。

チェルシーからその他