ニュース

メディアウォッチ:プレミアリーグのDF獲得間近、ブルーズの2選手がゴールデンボーイにノミネート、ストークが元チェルシーMF獲得か

チェルシー関連の最新情報:ブルーズがプレミアリーグのベテランDF獲得争いでトッテナムをリード、ジョン・ミケル・オビが英国に復帰か

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズ、ダンク獲得か

The Sunの報道によると、チェルシーはブライトンのDFルイス・ダンク獲得に向けトッテナム・ホットスパーを一歩リードしているとのことだ。

チェルシーのファンであることを公表しているダンクは、現在ブライトンのキャプテンを務めているが、若手DFベン・ホワイトが台頭していることから、クラブが放出する可能性がある。

「ダンクは10歳のときからシーガルズでプレーし、2018年に英国代表デビューしチーム4人目の代表選手となった。」

「しかし28歳のダンクはチェルシーファンを公表している。彼のスターは元ブルーズ、英代表キャプテンのジョン・テリーで、もう一人のレジェンド、ドログバにちなんでペットの犬にディディエという名前を付けた。ブライトンのファンは、クラブの広告に彼の姿がないことから、チームのキャプテンを失う可能性があることに気づき始めた。チェルシーがシーガルズの要求する移籍金を払えば、彼の移籍が確定するだろう。彼が放出された場合、リーズでのローンが終わるベン・ホワイトが加入するとみられる。」

ブルーズの2選手がゴールデンボーイにノミネート

Evening Standardの報道によると、カラム・ハドソン=オドイとイーサン・アンパドゥが名誉あるゴールデンボーイ賞の候補60人に入った。

チェルシーの2選手はイタリア紙Tuttosportが選ぶアワードにノミネートされた。プレミアリーグからはその他にアーセナルのブカヨ・サカ、ガブリエル・マルティネッリ、マンCのフィル・フォーデン、トッテナムのライアン・セセニョンなど12選手が選ばれている。

しかし6月の段階で100人の候補に入ったビリー・ギルモアとティーノ・アンジョリンは、今回の選考で落ちてしまった。

今シーズンは、ボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドとジェイドン・サンチョ、バイエルンの左SBアルフォンソ・デイヴィスが最有力候補とみられている。

このアワードは2003年に設立され、欧州ジャーナリストがトップリーグでプレーした21歳以下の選手の中から最優秀選手に投票するものである。

過去の受賞者には、ウェイン・ルーニー、リオネル・メッシ、セスク・ファブレガス、セルヒオ・アグエロ、ポール・ポグバ、ラヒーム・スターリング、キリアン・エンバペなどがいる。

ミケル、ストーク移籍か

BBCの報道によると、元チェルシーMFジョン・ミケル・オビがチャンピオンシップのストークに移籍するとのことだ。

ブルーズに所属した11年間でチャンピオンズリーグ優勝、そしてプレミアリーグを2度制覇したミケルは、ストークと今期プレミアリーグに昇格したウェスト・ブロムウィッチへの移籍が噂され、先週英国リーグに復帰する可能性があると語った。

しかし、33歳になるミケル・オビは、昨シーズン降格争いに悩まされていたが、最後の4試合で3勝を挙げてチャンピオンシップ残留を決めたストークに移籍する意思を固めているようだ。

ミケルは3月に双方の合意によりトルコのトラブゾンスポルを退団しフリーエージェントとなっており、ストークと一年契約を結ぶとみられる。.

チェルシーからその他