ニュース

メディアウォッチ:イーサン・アンパドゥ来季チェルシー残留か、ティエムエ・バカヨコ、リーグ1チームに移籍か、ブライトン、ルイス・ダンクへのオファーを否定

チェルシー関連の最新情報:チェルシーの2選手のうち一人はリーグ1に移籍が噂され、もう一人はランパードのもとに残留する可能性がある。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

アンパドゥがブルーズ残留を希望

Goal.comの報道によると、イーサン・アンパドゥはフランク・ランパードの下で結果を残し、来シーズン他チームへのレンタルではなくブルーズ残留を希望しているとのことだ。

10代のアンパドゥに対して興味を示すクラブが多い中、彼自身はまだどこでプレーするかを決めていない。

「イーサン・アンパドゥはプレシーズンで好印象を残しブルーズに残るために、レンタル移籍を保留している。ランパードは先シーズンRBライプツィヒでプレーした19歳のアンパドゥをこう評価しているが、監督就任時彼のドイツへの移籍は決まっていた。チェルシーはもう1シーズン彼を他のクラブに送りたいが、残留の可能性も残している。すべては今後の移籍市場の動きによって決まるだろう。」


リヨンがバカヨコに興味を示す

OneFootball.comの報道によると、リーグ1のリヨンがチェルシーMFティエムエ・バカヨコの獲得に動いているとのことだ。

26歳になるバカヨコは、先シーズンプレーしたACミランに戻る可能性が高いと報道されていた。

しかし、ミランがブルーズと合意に至っていないため、CLセミファイナリストのリヨンが獲得に動き出したとされる。

「Telefootの記者サベール・デスファルジュによると、ミランのテクニカルディレクターのパオロ・マルディーニがバカヨコの獲得に動いているが、リヨンも彼の動向に注目している。」と報じるOneFootball。

「リヨンはチェルシー、そしてバカヨコと交渉を始めた。バカヨコは現在ロンドンで8月23日から始まるプレシーズンに参加する予定だ。」

ブライトン、ダンクの移籍を否定

TalkSportの報道によると、チェルシーはブライトンのCBルイス・ダンクにオファーを提示していないとのこと。ブライトンはダンクの放出に消極的とみられる。

 

先日の報道では、ブルーズが28歳のダンク獲得争いでトッテナムをリードしているとされていた。

しかしTalkSportによると、シーガルズはダンクに対するオファーを受けていないとのことだ。

「選手に近い関係者と、ブライトンの関係者に話を聞いた」というアレックス・クック。

「チェルシーからオファーを提示されておらず、興味もないとのこと。ルイス・ダンクはブライトンでプレーすることに満足しており、来シーズン95%シーガルズに残留するだろう。」

チェルシーからその他