ニュース

男子年間最優秀選手賞はマテオ・コヴァチッチが受賞

マテオ・コヴァチッチがヨコハマタイヤ主催2019/20シーズン男子年間最優秀選手に選ばれた。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、毎年恒例の授賞式は行われず、オンラインでの発表のみとなった。シーズンの終わりを迎えファン投票が行われ、コヴァチッチが年間最優秀選手に選ばれた。

ファン投票で2019/20シーズン最も活躍した選手に選ばれたコヴァチッチには、コブハムにてトロフィーが贈呈される。昨季レアルマドリードからレンタル移籍し、今シーズン正式にチームの一員となったコヴァチッチは、中盤の要としてチームを牽引した。

激しいポジション争いや連戦によりローテーションが多かった中盤において、コヴァチッチは今シーズン47試合に出場。これを上回ったのは2選手のみだった。

さらに11月のバレンシア戦とエヴァートン戦では2週連続でゴールを決めた。

オーストリア生まれのクロアチア代表のコヴァチッチはチームメイトと絶妙な連携を見せ、中盤の中央、そしてサイドでも才能あふれる実力を発揮した。

シーズン開幕から好調を保ち、8試合中7試合でスタメンに名を連ね、ローテーションでベンチから途中出場した10月ホームでのニューカッスル戦でも相手ディフェンスの攻略に成功した。

冬になると、誰もが彼がチームにとって重要な存在であることを理解した。正確なパス、ゲームの流れを読む判断力、そして厳しいプレスで試合のテンポをコントロールし、中盤から攻め込み何度もチャンスを演出した。

シーズン序盤だけでなく、終盤もチームを支え続け、1年目に受けた批判をはね返した。2得点に加え、11月下旬のマンC戦でのエンゴロ・カンテのゴールを含む3アシストを記録した。ロックダウンによりシーズンが中断するまで、ウィリアンとメイソン・マウントに次いで最も多くチャンスを生み出した。

12月に行われたロンドンの宿敵トッテナムとの試合で大活躍し、3月のFAカップ・リヴァプール戦での負傷はチームにとって大きな損失になると思われた。

シーズンが中断したため、コヴァチッチがアキレス腱の怪我により欠場したのは1か月のみとなり、6月にリーグが再開するとスタメンに戻り、アストンヴィラ戦ではチームの勝利に貢献した。

7月初旬に怪我により数試合欠場したが、その後はかつてないほどのパフォーマンスを見せた。

 

シーズン終盤の6試合すべてでスタメン出場し、チームをプレミアリーグではトップ4入り、FAカップは決勝に導いた。

チェルシー年間最優秀選手賞受賞者

1967年 - ピーター・ボネッティ

1968年 - チャーリー・クック

1969年 - デイヴィッド・ウェブ

1970年 - ジョン・ホリンズ

1971年 - ジョン・ホリンズ

1972年 - デイヴィッド・ウェブ

1973年 - ピーター・オスグッド

1974年 - ゲイリー・ロック

1975年 - チャーリー・クック

1976年 - レイ・ウィルキンス

1977年 - レイ・ウィルキンス

1978年 - ミッキー・ドロイ

1979年 - トミー・ラングレー

1980年 - クライブ・ウォーカー

1981年 - ペタル・ボロタ

1982年 - マイク・フィラリー

1983年 - ジョーイ・ジョーンズ

1984年 - パット・ネヴィン

1985年 - デイヴィッド・スピーディー

1986年 - エディー・ニェジヴィエツキ

1987年 - パット・ネヴィン

1988年 - トニー・ドリゴ

1989年 - グラハム・ロバーツ

1990年 - ケン・モンコウ

1991年 - アンディ・タウンゼント

1992年 - ポール・エリオット

1993年 - フランク・シンクレア

1994年 - スティーブ・クラーク

1995年 - エルランド・ヨンセン

1996年 - ルート・フリット

1997年 - マーク・ヒューズ

1998年 - デニス・ワイズ

1999年 - ジャンフランコ・ゾラ

2000年 - デニス・ワイズ

2001年 - ジョン・テリー

2002年 - カルロ・クディチーニ

2003年 - ジャンフランコ・ゾラ

2004年 - フランク・ランパード

2005年 - フランク・ランパード

2006年 - ジョン・テリー

2007年 - マイケル・エッシェン

2008年 - ジョー・コール

2009年 - フランク・ランパード

2010年 -ディディエ・ドログバ

2011年 - ペトル・チェフ

2012年 - フアン・マタ

2013年 - フアン・マタ

2014年 - エデン・アザール

2015年 - エデン・アザール

2016年 - ウィリアン

2017年 - エデン・アザール

2018年 – エンゴロ・カンテ

2019年 - エデン・アザール

2020年 - マテオ・コヴァチッチ

チェルシーからその他