ローン

グエヒ、1シーズンのローンでスウォオジーに復帰

マーク・グエヒは、2020/21シーズンに向けてスウォンジー・シティへローンでの再加入に合意した。

センターバックは昨シーズンの1月にスワンズでキャリア初のローン契約を結び、リバティスタジアムで14試合に出場し、スワンズのスティーブ・クーパー監督に感銘を与えて今シーズンの契約となった。

スウォンジーは昨シーズン、チャンピオンシップのプレーオフに進出したが、 準決勝でブレントフォードに僅差で敗れた。グエヒは両レグ共に出場。

グエヒは8歳の時からチェルシーに在籍し、優秀な成績を収めてきた。2016年から2018年までの2シーズンで7つのトロフィーを獲得した彼は、Uー18のレギュラーとして活躍し、その素晴らしいパフォーマンスは、2022年夏までのスタンフォードブリッジでの新たな長期契約で報われた。

20歳のディフェンダーは、昨シーズン、カラバオカップでグリムスビー・タウンに7-1で勝利したときに、センターバックのクル・ズマと一緒にプレーし、シニアチームデビューを果たした。

彼はイングランドのUー21の代表として、チェルシーのチームメイトであるリース・ジェイムズ、カラム・ハドソン=オドイ、コナー・ギャラガーと並んで、本日、最新のチームに選出された。

南ウェールズに戻ってきたこのディフェンダーは、現スワンズの監督であり、元イングランド代表Uー17監督でもあるスティーブ・クーパーとの再会を果たすことになる。グエヒは、2017年に行われたUー17ユーロでは惜しくも優勝は逃したが、クーパー率いるチームでキャプテンを務め、同年行われたUー17ワールドカップでは決勝でスペインを5-2で破り優勝した。

スウォンジーは9月5日にニューポート・カウンティとのリーグカップ戦を皮切りに、1週間後にはプレストンを迎え、今シーズンのチャンピオンシップ開幕戦を迎える。
 

チェルシーからその他