ニュース

メディアウォッチ:ファーディナンド、ブルーズがメッシの獲得に興味ありと語る、チェルシーの選手に"魅了"されていると専門家、フランスのミッドフィールダーとの接触の噂

リオネル・メッシがバルセロナ退団の意向を明らかにし、選手としての今後について議論を巻き起こす、アリー・マッコイストが来季のプレミアリーグでリバプールとマンチェスター・シティに挑戦するブルーズの可能性について語っている。

これらの記事は、外部メディアの情報源から抜粋したものです。チェルシーフットボールクラブの見解や立場を表すものではありません。

メッシの移籍が濃厚?

昨日、リオネル・メッシがバルセロナに移籍願を提出したというビッグニュースに続いて、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドが、チェルシーがアルゼンチンのスーパースターとの契約に意欲的であることを示唆するツイートを投稿した。

バロンドールを6回受賞した彼は、キャリアのすべてをカンプ・ノウで過ごしてきたが、火曜日にクラブにファックスを送ったと報じられている。”違約金なしでの移籍を許可する”という契約の条項を行使するつもりのようだ。

2004年にプロデビューを果たしたクラブを去ることになるが、マンチェスター・シティとインテル・ミラノが33歳のメッシとの契約を目指していると報じられている。

しかしながら、ファーディナンドは、すでにハキム・ツィエクとティモ・ヴェルナーと契約しており、ここ数日のメディア報道では、他にも多くの大物選手との契約が噂されているチェルシーにメッシが移籍する可能性を示唆する。

「フランク・ランパードがメッシの獲得に乗り出したと聞いた、フランクがこれに成功すれば、移籍市場の目玉だ」と元マンチェスター・ユナイテッドの選手はツイートした。

 

ブルーズの来シーズンに期待を寄せるマッコイスト

元スコットランド代表ストライカーのアリー・マッコイストは、プレミアリーグでリヴァプールとマンチェスター・シティに挑む来季のチェルシー戦を楽しみにしているとTalkSport に語った。

ランパード監督が就任した最初のシーズンで4位以内を確保したことを受け、マッコイストは、ティモ・ヴェルナーとハキム・ツィエクの加入を完了させた後も、ブルースは前進を続けるだろうと考えており、現在の移籍期間中にさらにビッグネームを引き入れる可能性もある。

マッコイストは、ブルーズのプレミアリーグ優勝の可能性について、「彼らは注目に値する。」と語った。

「フランクは非常に良いシーズンを過ごしたが、今は彼が望む選手をクラブに連れてくる機会を得ており、来年彼らがどうなるかは非常に興味深い。」 

「来年、彼らがどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、本当に楽しみだ。」


ブルーズ、フランス人MFと接触か

The Sun紙によると、ブルーズはレスターに続きフランス代表MFジョナタン・イコネの獲得競争に加わったという。

「Le10 Sportによると、リールはイコネに残留を強要することはなく、代わりに彼がどうしたいのかを聞くだろうという。」

「彼の選択肢は、今すぐ去るか、もう1年残るかのどちらかだ。22歳の元パリ・サンジェルマンのスターにとっては、厳しい決断となるだろう。特にインテル・ミラノも契約を模索している事実を考えるとなおさらだ。」

昨シーズン、リールで28試合に出場し、3ゴールと6アシストを記録したイコネの市場価値は約3200万ポンドと報じられている。

チェルシーからその他