ニュース

メディアウォッチ:英U21監督がブルーズ若手のトップ代表復帰に期待、アスピリクエタがアザールの復調を確信、バカヨコが元所属クラブに復帰か

チェルシー関連の最新情報:アイディ・ブースロイドがカラム・ハドソン=オドイの代表でのキャリアについて語る、シーズン開幕を前に様々な移籍話が加速。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブースロイドがハドソン=オドイのトップ代表復帰を支持

Daily Mailの報道によると、イングランドU21代表監督のアイディ・ブースロイドは、カラム・ハドソン=オドイは調子を取り戻せばトップ代表に戻ることができると確信している。ハドソン=オドイは5-0で勝利した2019年3月チェコ戦に途中出場し、18歳と135日で最年少代表デビューを飾った。しかし、今回のネーションズリーグのアイスランドとデンマークとの試合には召集されず、ブースロイド監督率いるU21代表としてEuro U21の予選に臨む。

「ハドソン=オドイは前向きの姿勢で、どうすればトップ代表に戻れるかわかっている」と語るブースロイド監督。

「彼自身が復調して代表やチェルシーで見せたプレーができればトップ代表に復帰できるだろう。若い選手にとっては一筋縄ではいかない。代表への道は様々な障害がある。だからU21のようなレベルの代表があって、トップ代表入りするまでに経験を積むことができるのだ。」


アスピがアザールの復調に期待

goal.comの報道によると、セサル・アスピリクエタは元チームメイトのエデン・アザールが先シーズンの怪我を乗り越え、来季再び活躍するだろうと語った。

29歳のアザールは先シーズン、チェルシーからスペインリーグ・レアルマドリードに移籍したが、1ゴールしか決めることができなかった。チェルシーのキャプテンはアザールの復調を疑わない。

「先シーズンは怪我により本来の実力を出すことができなかった。」とRadio Marcaに語るアスピリクエタ。

「来シーズンはリズムを取り戻しチームに貢献できると思う。レアルマドリードには素晴らしい選手がたくさんいるから、エデンも本領を発揮できるだろう。チェルシー時代の彼を取り戻してほしい。」

バカヨコ、ミラン移籍が濃厚に

caughtoffside.comの報道によると、イタリアではティエムエ・バカヨコのACミラン復帰が現実味を帯びているとのことだ。

フランス人MFのバカヨコは2018/19シーズン、ミランにレンタル移籍した。完全移籍かレンタル移籍かはわからないが、来季もミランでプレーする可能性が高い。

「バカヨコは近日中にACミランに戻る交渉中だ」と伝えるのはイタリアのSky Sports特派員アンジェロ・マンジャンテだ。

26歳のバカヨコは2017年にモナコからチェルシーに移籍したが、プレミアリーグではコンスタントに試合に出場できず、その翌シーズンからミランにレンタル移籍していた。

ミランがシーズン終了後完全移籍に合意しなかったため、先シーズンはモナコにレンタル移籍していた。

チェルシーからその他