ニュース

メディアウォッチ:新規加入選手には順応する時間が必要と語るハッセルバインク、マウントがいたずらを暴く、ブルーズがスーパーヒーローに?

チェルシー関連の最新情報:評論家がブルーズをスーパーヒーローにたとえる、メイソン・マウントがデクラン・ライスのいたずらを暴く。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ヴェルナーとツィエクについて語るハッセルバインク

Evening Standardによると、ジミー・フロイド・ハッセルバインクはティモ・ヴェルナーとハキム・ツィエクがプレミアリーグに順応するには時間がかかるが、両者とも本領を発揮できると語った。昨季RBライプツィヒで45試合に出場し34得点を挙げたヴェルナーに対し、元チェルシーのハッセルバインクはイングランドで実力を発揮するには時間がかかるとみている。

「ドイツのサッカーはイングランドのものとは全く異なるため、ヴェルナーが順応するには少し時間がかかるだろう」と語るハッセルバインク。

「彼は才能豊かな選手だし、チェルシーでもゴールを量産するだろう。だけど、それまでに少し時間がかかると思う。アーセナルのオーバメヤンもリーグに慣れるまで6か月かかった。ヴェルナーにもそれくらい時間を与えるべきだろう。」

一方ツィエクに関してハッセルバインクはフィジカル面の強化が必要と言う。


マウントがライスのいたずらを阻止

sportsbible.comのインタビューで、メイソン・マウントがデクラン・ライスの仕返しを阻止したとのことだ。

去年、昼寝しているライスをマウントが起こして驚かせるビデオがSNS上で話題で話題になった。ライスが代表のキャンプ中にマウントに仕返しを試みたが、それは失敗に終わったようだ。

「デックにはよく会うけど、まだ仕返しされていない」と語るマウント。「少し前に部屋に来たんだ。トイレにいたんだけど、ドアをノックしているのが聞こえた。何か企んでるなと思ったんだ。トイレから出たら彼の姿はなかった。でも彼のつま先がベッドの下から出ているのが見えた。うまく隠れたと思ったんだろね。だからベッドの逆側に行ったら彼の頭があったんだ。結局彼の方が驚いたと思うよ。」

リチャーズがブルーズをスーパーヒーローにたとえる

クリスチャン・プリシッチには「キャプテン・アメリカ」というあだ名があるが、マイカ・リチャーズはチェルシーには彼以外にもスーパーヒーローがいるという。

Football Dailyのインタビューで元マンCのリチャーズはブルーズの補強を評価し、チームをマーベルのヒーローにたとえた。

「チェルシーはチームを大幅に強化している。アベンジャーズみたいだ。毎回彼らのニュースを見るたびに新しい選手が入団している。」

チェルシーからその他