インタビュー

代表戦:ドイツがスイスと引き分け、アンパドゥがまたもやウェールズの勝利に貢献

日曜に行われたネーションズリーグではティモ・ヴェルナーとトニ・リュディガーを擁するドイツがスイスと1-1で引き分け、ネイサン・アンパドゥのウェールズは僅差で勝利した。

ドイツのネーションズリーグ初勝利はまたもやお預けとなった。木曜日スペインと対戦したドイツは、アディショナルタイムに同点に追いつかれたが、アウェイのバーゼルで行われたスイスとの試合も追加点を決めることができずに引き分けに終わった。

ドイツは幸先良いスタートを切り、前半14分にイルカイ・ギュンドアンが先制点を決める。その後ヴェルナーがダイレクトでボレーを放つが、シュートはバーを越えてしまう。スイスは前半終了前にシュートをポストに当て、その後バーゼルのシルヴァン・ヴィドマーがゴールを決めた。リュディガーのロングシュートは惜しくもキーパーがセーブした。

スイスはその後チャンスをつくるがゴールを決めることができない。リュディガーとヴェルナーは共にフルタイム出場し、ヴェルナーはレロイ・サネが前半終了時に交代してからCFとしてプレーした。

金曜日にチェルシー移籍が発表されたハフェルツは、代表を離脱しコブハムでトレーニングを行った

グループGのもう一試合はスペインがシェフチェンコ率いるウクライナを4-0と下したが、ケパはベンチ入りしたものの出場することはなかった。イーサン・アンパドゥはフル出場したウェールズは、ブルガリア相手に94分にゴールを決めて勝利した。ウェールズはまたもや試合終了間際の得点で、2試合連続1-0で勝利した。ブルガリアの攻撃が消極的だったため、アンパドゥにとっては穏やかな試合となった。ウェールズにとっては2試合連続のクリーンシートとなった。

ウェールズはブルガリアの堅い守備を崩すことができなかったが、アディショナルタイム4分に途中出場したネコ・ウィリアムズが決勝点を決めた。

グループDのもう一試合では、木曜日にウェールズに敗れたフィンランドがアイスランドに勝利したため、2試合を消化してウェールズが勝ち点3ポイント差で1位となっている。

チェルシーからその他