クラブパートナー

ブルーズがスタイリッシュな新サードキットを発表

チェルシーの2020-21シーズンのサードキットは、伝統のクラブカラー、ナイキスニーカーのヘリテージと90年代のノスタルジアを融合させ、新シーズンに向けて新鮮な装いを生み出しました。

チェルシーがチャンピオンズリーグで着用する予定のこのキットは、ナイキのジャージ文化と印象的なエアマックスのアーカイブを称えるコレクションの一部です。

ブルーズの新しいデザインは、1991年に発売され、全世界で愛されたオリジナルエアマックス180と当時のチェルシーのユニフォームに強く影響を受けています。

それらの影響がすべて取り入れたサードキットはモダンなユニフォームとして輝きを放つ仕上がりになりました。

メインのカラーはエンバーグローで、ウルトラマリンブルーが脇役となっています。このブルーは、ジャージーのVネックの襟、肩、そしてシャツの前身頃に沿って徐々に色褪せていく縦縞に現れています。そこに、エンバーグローのショートパンツとブルーのソックスが加わり全身のコーディネートが完成します。

2020-21チェルシーサードキットは、9月10日に公式オンラインストアとスタンフォードブリッジ・メガストアで発売開始されます。

チェルシーからその他