ニュース

メディアウォッチ:アネルカが今季のブルーズに期待、競争を歓迎するジルー、ロッベンが復帰後初ゴール

チェルシー関連の最新情報:アネルカとジルーが来季のブルーズの展望を語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ブルーズの台頭に期待するアネルカ

The Sunの報道によると、元チェルシーFW二コラ・アネルカは、今シーズンのブルーズに大きな期待を寄せており、リヴァプールやマンチェスター・シティとタイトル争いをするだろうと予想した。

アネルカはマレーシアのTV局Astro,のインタビューで、ハキム・ツィエク、ティモ・ヴェルナー、ベン・チルウェル、チアゴ・シウバ、そしてカイ・ハフェルツが加入したチームは優勝争いに絡む実力があると語った。

「チェルシーがリーグ優勝する可能性は大いにある」と語るアネルカ。「リヴァプールとマンCの出来にもよるけど、先シーズン4位に入ったチェルシーは、この夏の補強で優勝候補に挙げることができるだろう。最後まで競えるかどうかは、選手たちの経験によるけど、チェルシーの戦力は確実に向上した。だから3位までに入ると思うし、素晴らしいシーズンになるだろう。」

アネルカは元チームメイトのランパードを監督として高く評価する。

2008/09シーズンにブルーズの選手としてプレミアリーグのゴールデンブーツを受賞したアネルカは、「フランクはクレバーでビッグクラブと競って勝つ方法を知っている。彼の経験が必要になる。」と加えた。「チェルシーとアーセナルでプレーしていた時、若くして経験豊富な選手が多くいた。若い選手もプレーする機会は十分にある。毎週競争できる精神力だけが必要だ。これがフットボールだ。試合に出るためには競争し続けなければならない。ビッグクラブでは当然のことだよ。」


競争によってブルーズはより強くなると語るジルー

Goal.comによると、ジルーは来シーズンに向けて新戦力が加入し、ポジション争いが激しくなったことにより、ブルーズがリーグで優勝する可能性が高まると考える。

フランス代表のジルーは先シーズン終盤リーグ戦6試合で5ゴールを決め、チームのトップ4入りに大きく貢献した。33歳になるジルーにとって、ティモ・ヴェルナーが加入したことでポジション争いがし烈になるが、これによりチームはさらにステップアップできると信じている。

「確実なのは、チーム内の競争によりさらにレベルアップできるということだ。ビッグクラブでは各ポジションに選択肢がある。」とTelefootのインタビューで語るジルー。

「タイトル争いに絡みたいし、そのためにここにいる。昨シーズンは好調のまま終われたし、監督に自分の力を示すことができた。ヴェルナーは自分とは異なる選手だから、自分にも出場機会があると思う。」


ロッベンが復帰後初ゴール

ESPN.comの報道によると、元チェルシーのアリエン・ロッベンが日曜日フローニンゲン入団後初ゴールを決め、ファンを喜ばせた。

2018/19シーズン終了後一度引退を決めた36歳のロッベンは、2000年にキャリアをスタートした古巣に復帰し、日曜1-1の引き分けに終わったアルミニア・ビーレフェルトとの親善試合で前半17分に左足でゴールを決めた。

「久しぶりのゴールだった」と語るこの試合キャプテンを務めたロッベン。

「ホームスタジアムに戻ってくることをずっと楽しみにしていた。ゴールを決めることができて嬉しい。だけど、得点よりも45分プレーして復調してきていることの方が大事だ。試合中も何度か良い感触を得ることができたけど、まだまだ時間がかかる。」

フローニンゲンは日曜日にロッベンにとってもう一つの古巣のPSVアイントホーフェンとホームで対戦する。

ロッベンのゴールはこちらから

チェルシーからその他