ニュース

メディアウォッチ:エッシェンがコーチに、モーゼスが古巣を救出、イヴァノヴィッチがプレミアクラブと交渉

チェルシー関連の最新情報:ブルーズのレジェンド二人のニュース、そしてヴィクター・モーゼスのチャリティー活動が話題に。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

エッシェンがデンマークのクラブのコーチに

BBCの報道によると、元チェルシーMFマイケル・エッシェンがデンマークのFCノアシェランのアシスタントコーチに就任した。

報道によると、元ガーナ代表のエッシェンはデンマークのクラブでコーチの免許を取得し、フレミング・ペデルセン監督のもと選手兼コーチになるという。

「自分自身のコーチ資格取得のためにFCノアシェランのコーチングスタッフに入ることができて嬉しい。ピッチ上、そしてそれ以外の部分で選手を管理する役割も担う予定だ。」と語る37歳のエッシェン。

そしてクラブは「エッシェンはアシスタントとしてスタッフ陣に加わり、トレーニングそしてその評価に貢献してくれることを期待する。」と発表した。

ペデルセン監督はエッシェンのスタッフ入りを歓迎する。

「コーチングスタッフとしてトレーニングに関するマイケル・エッシェンの経験や知識が役に立つだろう。そしてトレーニング中に選手にも色々なアドバイスを与えてくれるだろう。彼のキャリア、そして経験は誰もが知っているが、彼は真摯で寛大で、彼の様な人材がこのクラブのスタッフとして選手の育成や指導、そしてトレーニングを担当してくれることは素晴らしいことだ。」


モーゼスがウィガンに多額を寄付

goal.comの報道によると、ヴィクター・モーゼスがリース・ジェイムズに続き、財政難に苦しむ古巣ウィガン・アスレチックに「多額の」寄付をした。

ウィガンのサポーターはクラブを財政難から救済するために75万ポンドの募金を目標としているが、2012年にレンタル移籍したナイジェリア代表モーゼスの寄付により、その金額に近づいているとのことだ。

「ああ、なんと言えばいいんだろう!ヴィクターが連絡してくれて、大金を寄付してくれると言ってくれた。信じられなかったし、素晴らしい行いだ。」と語るウィガンのサポーター・チェアマンを務めるカロリン・モリニュー。

「ヴィクターは匿名で寄付を使用としたけど、彼の行為はみんなが知るべきだと思った。ヴィクターの寄付により募金は65万ポンドに到達して、目標の75万ポンドまであと10万ポンドとなった。彼には感謝の意を伝えたい。素晴らしい選手で、模範的な人間だ。いつでもこのクラブに戻ってきてほしい!」

モーゼスはクラブを救うために更なる寄付を募った。

「ウィガン・アスレチックは自分にとって特別なクラブだ」とツイートしたモーゼス。

「たくさん思い出があるし、ウィガンのスタッフやサポーターは自分や家族を良く受け入れてくれた。この素晴らしいクラブを救出するために、サポートしていかなくてはならない。」

イヴァノヴィッチがウェスト・ブロムウィッチに移籍か?

Daily Mailの報道によると、ブラニスラフ・イヴァノヴィッチが今季プレミアリーグに昇格したウェスト・ブロムウィッチに移籍する可能性があるとのことだ。

セルビア代表のイヴァノヴィッチはゼニト・サンクトペテルブルクを退団し、元チェルシー監督のカルロ・アンチェロッティ率いるエヴァートンへの移籍が噂されていたが、ここにきてウェスト・ブロムウィッチへの加入が濃厚となったとされる。

「36歳のイヴァノヴィッチは3年間プレーしたゼニト退団後複数のクラブと交渉している。ロシアでコンスタントにプレーしたイヴァノヴィッチは現役を続行する意向で、プレミアリーグのウェスト・ブロムウィッチに移籍する可能性がある。昨シーズンはゼニトで35試合出場し4ゴールを挙げた。ウェスト・ブロムウィッチとの交渉がどれほど進んでいるかはわからないが、クラブ側は1年契約を望んでいる。」

チェルシーからその他