ニュース

メディアウォッチ:ネヴィルがチェルシーの補強に嫉妬、ボガ獲得に複数クラブが名乗る、元チェルシー女子選手が男子チームに入団

チェルシー関連の最新情報:ガリー・ネヴィルがブルーズの補強に嫉妬、元チェルシーMFに複数クラブが興味を示す。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ネヴィルがチェルシーの補強に嫉妬

元マンチェスター・ユナイテッドDFガリー・ネヴィルは、マンUが狙っていた選手がチェルシー移籍を選んだことに憤りをあらわにした。

Sky Sportsのコメンテーターであるネヴィルは、 The Guardianに対しマンUがリヴァプールやマンCとの差を埋められていないことに不満を漏らした。

ネヴィルは、ハキム・ツィエク、ティモ・ヴェルナー、ベン・チルウェル、チアゴ・シウバ、カイ・ハフェルツを獲得したブルーズとは対照的に、マンUが移籍市場で苦戦していると語った。

「タイトル獲得と2チームとのギャップを埋めることが次のステップのはずだが、それは簡単にはいかないだろう。オーレにはもっと選手が必要だし、フロントのサポートが必須だ。ベンチから試合を変えられる選手がいない。CB、MF、FW、そしてウィング、できればもう一人のディフェンダーとレフトバックも欲しい。マンUに必要な選手がチェルシーに行ってしまい残念だ。」


レンヌとナポリがボガ獲得争い

Goal.comの報道によると、フランスのレンヌとセリエAのナポリが元チェルシーMFで現在サッスオーロに所属するジェレミー・ボガの獲得に動いているとのことだ。サッスオーロは移籍金として4000万ユーロを要求しており、ナポリが獲得争いで一歩リードしている。

「ナポリは3000万ユーロ+追加報酬を提示しており、一方のレンヌの提示額は2000万である。バイエル・レバークーゼンも興味を示しているが、サッスオーロが要求する高額な移籍金に対して慎重な態度を見せている。ローマ、セビーリャ、ブライトンも彼に興味を示しているが、移籍市場の閉まる10月5日までにオファーを提示する可能性は低い。ボガは昨シーズン35試合に出場し11ゴールを決めたことにより、イタリア国内だけでなくヨーロッパの多数のクラブが注目している。」


元チェルシー女子選手が男子チームに入団

ESPN.comの報道によると、日本では過去にチェルシーFCウィメンで2シーズンプレーした永里優季が男子チームにレンタル移籍することが話題となっている。

永里は2013年から2014年までブルーズで、当時の夫の苗字である大儀見としてプレーしていた。現在はナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグのシカゴ・レッドスターに所属しており、今シーズンは男子チームであるやぶさイレブンへのレンタル移籍が決まった。

報道によると、これは33歳になる永里が、NWSLのシーズン開幕まで調子を落とさないための移籍とされる。

「はやぶさは国内男子プロサッカーのトップであるJリーグの7、8階級下にある約50の県リーグの一つである神奈川リーグの2部に所属している。神奈川県リーグの2部リーグは今春開幕予定だったが、コロナウイルス流行の影響で延期となった。28チームが4つのグループに分かれ、今週末から短縮スケジュールが始まる。永里のレンタル移籍の契約内容は明らかにされていない。レッドスターズの発表によると、はやぶさはアマチュアチームであるが、永里はプロとしてプレーすることになるという。レッドスターズによると、永里は2021年のNWSLプレシーズン開幕に向けてチームに復帰することになる。」

チェルシーからその他