インタビュー

ハッセルバインクがチェルシー攻撃陣を高評価

チェルシーの攻撃陣について、ジミー・フロイド・ハッセルバインクほど正確に評価できる者はいないだろう。ハッセルバインクは、新シーズンに向けて攻撃陣に多くの選択肢ができたことを高く評価している。

ハッセルバインクは4年間チェルシーでプレーし、2000年夏にクラブ記録となる移籍金で入団してから、87ゴールを記録し、ファンの心を掴んだ。エイドゥル・グジョンセンと阿吽の呼吸で攻撃力を発揮し、様々な形で芸術的なゴールを披露した。西ロンドンを離れてから16年以上が経った今、ハッセルバインクは今シーズン攻撃陣が偉業を達成することができると考えている。「チェルシー、特に攻撃陣には満足している」と語る48歳のハッセルバインク。「タミー(・エイブラハム)とティモ(・ヴェルナー)は、プレーとキャリア面で向上している」

「タミーは若く、まだ学ぶことはたくさんあるが、彼の動きはシーズンを通してどんどん良くなっていった。」ハッセルバインクは、プレミアリーグ、そしてチャンピオンズリーグでコンスタントにプレーしたエイブラハムの順応力に強い印象を受け、今シーズン彼より経験のあるフォワードから多くを学び、さらに成長できるだろうと語った。「彼にはビッグチームの攻撃の柱になる、という大きなプレッシャーがかかっていた」と昨シーズンを振り返るハッセルバインク。

「彼には昨シーズンの活躍を繰り返すだけでなく、さらに成長するというプレッシャーがかかる。こういったチャレンジが、正しい態度で成功を求める選手を一番成長させるんだ。オリヴィエ・ジルーはタミーのお手本となった。ジルーのシーズン終盤の活躍は素晴らしかったし、タミーはキープ力など、彼から多くを学ぶことができるだろう。ストライカーにとっては必須となる能力だからね。」

エイブラハムは今シーズン、新たにRBライプツィヒからチームに入団したティモ・ヴェルナーともポジションを争うことになるが、ハッセルバインクはヴェルナーについても高く評価している。「ヴェルナーはゴール前で非常に冷静だ。凍った血が通っているようだ。冷静さや決定力など、ストライカーとして教わることのできない多くの才能を持っている。」

「彼はとてもいい選手だし、チェルシーの攻撃をより強くするだろう。早く彼のプレーを見てみたいね。ヴェルナーは拮抗した試合で貴重なゴールを決める能力がある。どのチームも欲しがるタイプの選手だ。だからチェルシーに来たんだ。ブンデスリーガで見せたその実力を、今度はプレミアリーグで見せてくれるだろう。素晴らしい選手で非常に高く評価している。」

チェルシーからその他