ニュース

メディアウォッチ:イヴァノヴィッチがプレミア移籍へ、ロッベンが復帰戦で負傷、ファブレガスが記録達成

チェルシー関連の最新情報:元ブルーズの3人に関するニュースをお届けする。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ビリッチがイヴァノヴィッチ獲得か

イヴァノヴィッチのウェストブロムウィッチ・アルビオンはまだ決定していないが、BBCの報道によると、スラベン・ビリッチ監督は彼の入団を確信している。

元チェルシーDFのイヴァノヴィッチは、昨季終了後ゼニト・サンクトペテルブルクを退団し、プレミアリーグ復帰が噂されていた。

昇格したばかりのウェストブロムは日曜日の開幕戦レスターに3-0と敗れたが、ビリッチは36歳になるイヴァノヴィッチが今週からチームに参加することを示唆した。

「自分の知ってる限り、昨日(土曜)に決まった話だ。」とイヴァノヴィッチの移籍について語るビリッチ。 「明日(月曜)には来ると思うけど、ここ24時間何があったかはわからない。」

報道によると、イヴァノヴィッチは水曜日にホームで行われるEFLカップのハローゲート・タウン戦には間に合わないようだ。


ロッベンが復帰戦で負傷

Daily Mailの報道によると、アリエン・ロッベンは引退撤回後初めての公式戦となった日曜日のオランダリーグ開幕戦に出場したが、僅か28分で負傷退場を余儀なくされた。

2019年7月に引退を発表した元ブルーズのロッベンは、この夏に古巣のフローニンゲンに復帰していた。 36歳のロッベンはチームのキャプテンとして、もう一つの古巣であるPSVアイントホーフェンとの開幕戦に臨んだが、ほろ苦い復帰となってしまった。

「スタメンに選ばれたロッベンは、元代表チームメイトのロビン・ファン・ペルシーの記録を破り、オランダリーグでPSVでの最後の試合である2004年から数えて、16年155日ぶりの出場となった。しかしレアルマドリードとチェルシーでプレーしたロッベンは30分もしないうちに筋肉を痛め、復帰戦はすぐに終わってしまった。足を引きずりながら退場したロッベンに代わってトーマス・ススロフが出場した。PSVはその5分後にコディー・ガクポのゴールで先制し、その後ロッベンと交代して入ったススロフが同点弾を決める。しかしその後PSVが2点を追加し、3-1でこの試合を制した。」


ファブレガスが記録達成

Daily Mailの報道によると、元チェルシーMFセスク・ファブレガスが日曜日、2-1の結果となったフランス・リーグ1のモナコ対ナントの試合で、プロ選手として800試合出場を果たした。

ファブレガスはアディショナルタイムに交代するまでほぼフルタイム出場し、チームは開幕から無敗、レンヌとリールに並びリーグ首位となった。

試合後にドレッシングルームでチームメイトと共にこの記録を祝ったファブレガスには、背番号800の記念ユニフォームが贈られた。

チームのキャプテンと共にこの写真をInstagramで公開し、「プロとして800試合!!チームにとって素晴らしい勝利となった。このまま頑張ろう!」とコメントした。

ファブレガスは2014年~2019年にチェルシーでプレーし、198試合に出場、リーグで2回優勝、FAカップとリーグカップも制覇している。

チェルシーからその他