ニュース

メディアウォッチ:オスカルがアーセナル移籍を否定、ゾラがユーヴェのサッリ解任を語る、カルーが大学卒業

チェルシー関連の最新情報:オスカルがチェルシー復帰を示唆、ジャンフランコ・ゾラがトップクラブにおける監督の役割を語った。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

オスカルがアーセナル移籍を否定

Evening Standardの報道によると、オスカルはヨーロッパに戻る意思はあるものの、元チームメイトのウィリアンやダヴィド・ルイスが所属するアーセナルへの移籍には興味がないとのことだ。Fox Sport Brasilのインタビューに対し、29歳のオスカルはアーセナルのブラジル人2人が、中国の上海SIPGからアーセナルへの移籍を勧めている、と明かした。

「電話がかかってきたよ。彼らとは仲がいいからね。『アーセナルに来なよ』って言われたけど、上海との契約もあるし、難しいと思う。どこにいようが、今の状況に満足していることが一番大事。彼らがそうであることを祈るよ。」

しかし、オスカルはチャンスがあれば、2012年から2016年まで在籍し、203試合に出場、38ゴールを決めたチェルシーに戻る意思があると語った。

「できればヨーロッパに戻りたい。今は中国にいて契約もあるから無理だけど、将来そうなることを望むよ。もちろん第一希望はチェルシーだよ。素晴らしい歴史を築き上げたからね。あとは子供のころからブラジル人選手がたくさんいたセリエAをよく見ていたんだ。インテルやミランは好きなチームだよ。いつかイタリアに行ってみたいね。」


ゾラがユーヴェに解任されたサッリに同情

goal.comの報道によると、チェルシーのレジェンド、ジャンフランコ・ゾラが、昨季セリエAで優勝したにもかかわらずマウリツィオ・サッリがユヴェントスから解任されたことを残念がっている。

二人はサッリがユーヴェの監督に就任するまで、スタンフォードブリッジで共に過ごし、2019年にはチームをヨーロッパリーグ優勝に導いた。

しかし、サッリはリーグで優勝したにもかかわらず1年で解任となった。

「彼と彼のスタッフに同情するよ。チェルシーで1年間共にし、貴重な経験をすることができた。」とCorriere della Seraに語るゾラ。「ユヴェントスでは勝つだけでは十分でないことがある。多くの条件をクリアしなくてはならないんだ。」


カルーがビジネスの学位取得

Goal.com reports former Chelsea forward Salomon Kalou has sent a heartfelt message to his late father after he completed a business degree in France.

EMリヨン・ビジネススクールで経営学の学位を取得したカルーは、2016年に他界した父・アントワーヌに対しtweeted上に特別なメッセージを投稿した。

35歳のカルーは「父が教えてくれたことのすべて『知識を受け入れ、それに感謝しなさい。こぶしを握り締めていたら、何も入ってこない。今持っているものは残るが、それ以外は何も入ってこない。手を開けばどうなるか見てみたいだろう。』アーメン。父さんがどこにいようと。」

学位を取得したカルーだが、サッカーのキャリアも続行するつもりだ。最近カルーはヘルタ・ベルリンとの契約を満了し、ブラジルのボタフォゴにフリーエージェントとして加入した。

チェルシーからその他