分析

ヴェルナーが英国サッカー初経験の感触とデビュー戦の勝利について語る

ティモ・ヴェルナーが厳しいとされる、イングランドのフットボールに順応するために必要とした時間は短く、ブライトンとの開幕戦では持ち前のスピードとプレースタイルでチェルシーの攻撃陣をリードした。試合後、ヴェルナーはプレミアリーグの印象、そして開幕戦でチームが勝ち点3を取ったことについて語った。

試合開始からシャープな動きで、ジョルジーニョのパスを受けて相手GKマット・ライアンをかわしPKを得たシーンでは持ち前の切れ味を発揮した。その後相手のファールを受け脚を痛めたが、90分間プレーし、相手に脅威を与え続けた。24歳のヴェルナーは堂々のデビューを果たした。

「みんなが言っていたように、プレミアリーグは他のリーグとは違う。簡単な試合ではなかった。後半1-1になるまであまりいいサッカーができなかったけど、それから良くなっていった。リースが素晴らしいゴールを決めて、彼のコーナーキックから追加点が生まれた。試合に勝てて嬉しいし、これからも勝ち続けたい。3人のディフェンダーに囲まれた。ドイツでそれほど厳しくマークされることはなかったよ!大きなスペースが生まれることもあるし、ピッチも広くてブンデスリーガとは全く異なるものだった。ブライトンは善戦したし、チェルシーにとって厄介な相手だった。」

均衡した試合の転機となったPKについて語り、そして週末に行われるリヴァプール戦で初得点を狙うヴェルナー。

「キーパーに止められていなかったら、自分でゴールできただろうね。明らかにペナルティーだった。チームとしていいプレーができていなかったから、先制点を決めることはとても大事なことだった。ブライトンは試合開始から厳しいプレッシャーをかけていた。次の試合ではゴールを決めたい。リヴァプールとの試合だから簡単にはいかないけど、ゴールを狙っていく。今はチームの勝利に貢献できて満足しているよ。」

チェルシーからその他