ニュース

タイトル獲得とチームへの順応を目指すティモ

既に多くのタイトルを手にしているティモ・ヴェルナーだが、唯一まだ達成していないのはクラブレベルでの優勝であり、それがチェルシーでの第一の目標となるだろう。

2017年にドイツ代表としてコンフェデレーションズカップ優勝を果たしたいがい、ヴェルナーはタイトルを制した経験がない。個人タイトルを多く手にした彼が次の目標に定めるのがリーグ制覇だ。

「ここに来たのはできるだけ多くの試合に出場してタイトルを獲得するためだ。」と今日の会見で語ったヴェルナー。

「当たり前の話だけど、タイトルを勝ち取りたい。強くて将来性のある若いチームで、時間をかけて一緒に成長できる。それがいいやり方だと思うし、自分にとっての目標だ。プレミアリーグに来たのは、ここが世界最高のリーグだからで、チェルシーの様なビッグクラブでプレーしたかった。」

まだスタジアムに観客は戻っていないが、ヴェルナーはブンデスリーガとの相違点として、プレミアリーグの世界的な知名度を挙げた。

月曜のデビュー戦は及第点といえるだろう。ヴェルナーは活発にプレーし、チームのアウェーでの勝利に貢献した。今彼が目指すのは、できるだけ早くトップコンディションに到達することだ。

「プレミアのサッカーは自分に合っている。ブライトンと2試合したけど、深いディフェンスでスペースを与えてくれる。走りこむスペースがあるから自分には適している。試合によってはパワーゲームになったり、手強いディフェンダーと対峙することもあるだろう。まだ順応すべき点はあるけど、何試合かこなして、良いプレーを見せてゴールを決め、試合に勝ちたい。たぶんあと2、3試合必要だと思うけど、できるだけ早く本領を発揮できるようにしたい。『あと10試合、15試合かかる』と言い訳を言いたくない。早くリーグに順応して最高の自分を見せたい。」

ティモの記者会見

チェルシーからその他