ニュース

メディアウォッチ:ブルーズ若手がゴールデンボーイの選考リスト入り、バーンズリー監督がチェルシー戦を歓迎、ファーディナンドがチェルシーの補強を称賛

チェルシー関連の最新情報:バーンズリー監督ゲルハルト・ストゥルーバーがカラバオカップのチェルシーとの試合を前に抱負を語り、リオ・ファーディナンドがチェルシーの補強を称賛した。

これらの記事は外部メディアソースから転載したものであり、チェルシーFCの見解や立場を示すものではありません。

ハドソン=オドイが選考リスト入り

The Mirrorの報道によると、カラム・ハドソン=オドイが7人からなる今年のプレミアリーグのゴールデンボーイの選考リストに入った。

Tuttosport主催のヨーロッパのU21最優秀選手を選ぶこのアワード、昨年最終リストから漏れたハドソン=オドイが今年は最終選考リストに残った。

40人からなる選考リストには、アーセナルのブカヨ・サカ、リヴァプールのネコ・ウィリアムズ、マンCのフィル・フォーデン、マンUのメイソン・グリーンウッドなどが選ばれている。

さらに最近プレミアリーグのクラブに移籍したウルブスのファビオ・シウバ(ポルトから移籍)とマンCのフェラン・トーレス(バレンシアから移籍)もリスト入りした。

今年の受賞候補はボルシア・ドルトムントのイングランド代表ジェイドン・サンチョとエリック・ハーランドとみられる。

過去の受賞者には、ウェイン・ルーニー、リオネル・メッシ、キリアン・エムバペがおり、2019年はアトレティコ・マドリードのジョアン・フェリックスが選ばれた。

メイソン・マウントとカイ・ハフェルツも昨年の最終リストに入っている。


ストゥルーバーがブルーズとの対戦を歓迎

バーンズリー監督ゲルハルト・ストゥルーバーは、Yorkshire Postの取材に対し、カラバオカップでチェルシーと対戦することは、選手たちの実力を見せるチャンスになると語った。

バーンズリーは火曜の試合(ラウンド2)でミドルスブラ相手に2-0と勝利し、来週水曜日にスタンフォードブリッジでチェルシーと対戦する。

昨シーズンぎりぎりでリーグ降格を逃れたストゥルーバーは、リーグ戦を疎かにしたくないと語った。

「これはボーナスのようなものだ。土曜のレディングの後にチェルシーとの試合のプランを考えたい。成長するためには拮抗したチームと対戦することが重要で、チェルシーは自分たちの範疇を超える。」

 

ファーディナンドがチェルシーの補強を称賛

Metroの報道によると、リオ・ファーディナンドがこの夏のチェルシーの補強を称賛し、一方でマンチェスター・ユナイテッドを非難した。

YouTubeのビデオで、フランク・ランパードとウェストハム、そして代表で共にプレーしたファーディナンドはベン・チルウェル、チアゴ・シウバ、ティモ・ヴェルナー、ハキム・ツィエク、そしてカイ・ハフェルツを獲得したチェルシーを称賛した。

「フランクは何事もなかったかのように大型補強を行った。それに比べると、マンUは噂話ばかりでほとんど何もしていない。マンUファンにとっては残念なことだ。」

レッドデビルはアヤックスからドニー・ファン・デ・ベークが加入したが、ボルシア・ドルトムントのジェイドン・サンチョ獲得には至っていない。

「サンチョについてはもう何か月も交渉の話を聞くけど、契約締結には至らない。移籍交渉が簡単だとは言わないが、チェルシーは適切な投資を行い、選手を獲得した。」

チェルシーからその他